転職の売り手市場はいつまで?今転職すべき理由
スポンサーリンク

現在、転職は売り手市場だと言われていて、転職しやすい業種や職種が多くなっています。売り手市場ということは、転職を成功できる可能性が高くなりますが、必ず成功するとは限りません。

そこで今回は、転職が売り手市場の今だからこそ知っておきたいポイントについてご紹介しましょう。現在、転職を考えている人はぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

■そもそも売り手市場・買い手市場とは?

売り手市場や買い手市場という言葉は、様々な場面で耳にします。まずは、転職における売り手市場や買い手市場はどのような意味なのか解説していきましょう。

転職における売り手市場は、人材を募集している企業の数に対して転職活動や就職活動をしている人が少ないことを意味します。就職の倍率はかなり低くなるので、求職者にとって有利な状況だと言えるでしょう。

厚生労働省が発表している有効求人倍率では、平成21年頃から右肩上がりになっているので、全体的に売り手市場だと言われています。売り手市場だと、企業側も多くの人材を確保したいと考えているため、転職者のフォローや説明会なども丁寧に行っているケースが多くなっています。

転職における買い手市場は、転職活動や就職活動をしている人が求人を出している企業よりも多いことを意味します。人気がある大手企業や業種は買い手市場になるケースが多く、なかなか思ったように転職活動を進められない可能性が高くなってしまうのです。企業側は、優秀な人材を集めやすくなるため、求職者の取捨選択がしやすくなります。

■現在は売り手市場だと言われているけれど…

現在、転職は売り手市場だと言われています。しかし、それがいつまで続くのかということをはっきりと知る術はありません。そのため、いつまで売り手市場が続くのか不安に感じる人もいるでしょう。続いては、転職の売り手市場がいつまで続くのか考察していきます。

現在の売り手市場は、2020年までは続くのではないかと考えられています。なぜ2020年までなのかというと、2020年の東京オリンピックをきっかけに景気が傾いてしまう可能性があるからです。

また、2021年以降は新卒の就職活動解禁ルールが廃止されるなど、就職関係で大きな動きが起こることも2020年までは売り手市場が続くのではないかと考えられる要因となっています。さらに、これまで潜在労働者だと言われていた女性が今よりも社会進出するようになり、外国人労働者も増えていくと予想されることから、売り手市場は落ち着くと考えられています。

このような変化が想定されることから、売り手市場は徐々に落ち着いていくという見方ができるでしょう。しかし、現在は売り手市場だからと言って全ての業界、業種に就職しやすいというわけではないという点には注意が必要です。

売り手市場だと言われているのは、建築や介護などの人手不足が深刻な業種、契約社員やパートなどの非正規雇用の働き方ができるような業界です。したがって、売り手市場だからと言ってもハイクラス層への転職を実現できる可能性が高いとは言えません。

スポンサーリンク

■売り手市場の今、転職をした方が良いのか?

転職が売り手市場となっている今だからこそ、転職をした方が良いと考えている人も多いでしょう。しかし、前述したようにどの業界や業種でも転職しやすくなるという訳ではありません。

特に、ハイクラス層への転職を希望しているのであれば、ある程度高いレベルのスキルを持っている必要もあります。では、転職が売り手市場となっているタイミングで転職した方が良いのはどのような人なのか、チェックしてみましょう。

・需要のある業界や雇用形態を希望する人

2020年の東京オリンピックに向けて、建築業やホテルなどの接客業の需要が高まっています。また、高齢化社会となっている現在、人手不足と言われている介護業界のニーズもかなり高いです。

このように、社会的なトレンドの変化によって需要が高まっている業界への転職を考えている人は、転職を成功させられる可能性が高いと言えるでしょう。もしも、このような業界への転職を考えているのであれば、待遇の良い求人を探すことで満足度の高い転職を実現できます。

・転職することで理想的な条件を手に入れられる人

転職を検討するということは、現在の職場にある不満を解消したり、キャリアアップを目指したりするといった目的があるはずです。しかし、最近は売り手市場のうちに転職することによって、年収を今より増やせるのではないかという安易な気持ちで転職を検討する人も少なくありません。もちろん今よりも年収が高い場所に転職できる可能性もありますが、労働時間や福利厚生などを踏まえて考えてみると、転職前の方が充実していたというケースも実際にはあります。

また、重役として転職を成功させられたとしても、人手不足で大きな負担を担わなければいけないなど、メリットだけではない可能性も非常に高くなっています。そのため、売り手市場だからこそ手に入れられる可能性が高い役職と負担を天秤にかけ、本当に転職をすべきなのか考えてみることが重要なポイントになるのです。

■売り手市場の今、転職をしない方がいい人もいるの?

売り手市場ということは、どんな人でも転職を成功させられるようなイメージを持つかもしれませんが、実は売り手市場のタイミングで転職をしない方が良い人もいます。最後に、売り手市場のタイミングで転職をしない方が良いのはどんな人なのかご紹介していきましょう。

・現在の職場での在籍期間が短い人

売り手市場で企業が恐れていることがあります。それは、高い予算をかけて採用したにも関わらず、すぐに辞めてしまう可能性があるということです。

短期間で何度も転職を繰り返していたり、現在の職場での在籍期間が短かったりする人は、企業側が採用することに不安を感じ、なかなか転職活動が成功しない可能性が生まれてしまいます。もしも、そのようなリスクを負っても転職をしたいのであれば良いですが、そこまでリスクを負いたくないという人は現在の職場でもう少し経験を積んだ方が良いでしょう。

・市場価値が低い人

転職で今よりも条件の良い場所へ転職したいと考えている場合、自分自身がそれに見合うスキルを持っている必要があります。転職してスキルアップやキャリアアップができる可能性ももちろんありますが、高いレベルのスキルを持っていない状態でハイクラス層への転職を検討するのはリスクが大きいと言えます。

また、転職が成功しない可能性も高くなってしまうので、キャリアアップやスキルアップのためだけにレベルの高い求人へ応募するのは避けた方が良いでしょう。もしもキャリアアップやスキルアップをしたいと考えるのであれば、まずは今の会社でできることをして、身に付けられるスキルなどはある程度身に付けてから転職を検討してみてはいかがでしょうか?

現在の転職市場は売り手市場となっています。そのため、転職がしやすいというのは本当のことです。ただし、売り手市場はいつまでも続くわけではありませんし、全ての業界で売り手市場になっているとは言えません。

現在転職を考えているのであれば、売り手市場だと言われているのはどの業界なのか、どんな人が今転職すべきなのかを知っておく必要があります。そうすることで、転職を成功させるためのポイントにも気が付くことができるでしょう。転職を考えているのであれば、まず自分が本当に転職しないと状況を変えられないのかシミュレーションしてみましょう。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事