「好きなことを仕事に」して転職を成功させるための方法
スポンサーリンク

好きなことを仕事にしたいと思っている人は多いのではないでしょうか?世の中には、趣味だったヨガを続けていくことでインストラクターになれた人や、SNSに趣味の漫画を投稿したことがきっかけになって漫画家としてプロデビューした人もいます。そのような人は、好きなことを仕事にできているので、羨ましいと感じる人も多いでしょう。

しかし、好きなことを仕事にすることはリスクが大きいと感じる人は多いです。そこで今回は、好きなことを仕事にできるのはどのような人なのか、どうすれば好きなことを仕事にできるのか、好きなことを仕事にするメリットやデメリットにはどのようなものがあるのかご紹介していきましょう。これから好きなことを仕事にしたいと考えている人はぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

■好きなことを仕事にできるのはどのような人なのか?

自分自身が好きなことを仕事にできれば、毎日の生活をより充実させたものにできると考え、実現したいと思っている人も少なくありません。しかし、ただ好きなことを突き詰めるだけでは仕事に結び付かないケースもあります。まずは、好きなことを仕事にできる人の特徴について見ていきましょう。

・覚悟を持っている

好きなことを仕事にするということには覚悟が必要です。好きなことを仕事にして成功できた人物と言えば、野球のイチロー選手や漫画家の手塚治虫さんが挙げられます。この2人は、好きなことを仕事にするために大きな行動力を持っていて、しっかりと結果を出しているのです。

そしてその結果が自分にとって大きなものになるという覚悟も持っていました。好きなことを仕事にしたいのであれば、本当に仕事にしたいのか、なぜ仕事にしたいのかをしっかりと考えてみてください。

今の仕事が嫌で好きなことを仕事にしたいと考えているのであれば、上手くいかない可能性もあります。好きなことを仕事にしたい人はしっかりと良い結果を出そうという覚悟を持ちましょう。

・成功者の多くは好きなことを仕事にしている

現在、成功者と呼ばれている人の多くは、自分が好きなことを仕事にしているというケースが多くなっています。取り組んでいる仕事が好きであれば、さらに上を目指すための努力も怠りません。また、やる気を継続するためにも好きなことを仕事にすることは重要なポイントだと言えるでしょう。

好きなことを仕事にして結果を残していたとしても、「仕事と好きなことは分けるべき」だという考えを持つ人に出会うこともあります。しかし、そのような考えに左右されることなく、自分自身の人生をどうしたいのかを真剣に考え、仕事に取り組んでいくことも好きなことを仕事にできる人の特徴です。

■好きなことを仕事にして成功するためには

好きなことを仕事にしたとしても、上手くいかなければ好きなことが嫌いになってしまう可能性もあります。そのため、好きなことを仕事にして成功するためのポイントを知っておく必要があるのです。続いては、好きなことを仕事にして成功するためのポイントについてご紹介していきましょう。

・好きなことを行動につなげられる

好きなことを仕事にして成功するためには、好きなことに対して行動を起こせることが重要です。好きな気持ちがあれば、スキルアップをしたり、新しいことを覚えたりすることも苦にならないでしょう。

また、身に付けた知識や技術を誰かに伝えたくなるはずです。好きなことを仕事にしているという気持ちが強ければ強いほど、吸収量や作業量も多くなり、辛いことがあっても乗り越えられる力が強くなります。

・「好き」というレベルが高い

好きなことを仕事にして成功している人は、仕事にしていることに対する「好き」のレベルがかなり高いという特徴もあります。音楽が好きだといっても、CDを購入するだけで満足する人もいれば、ファンクラブに入ってライブに毎回行くほど好きだという人もいます。後者の方が「好き」のレベルが高いということになるので、音楽関係の仕事をしたいのであれば、そちらの人の方が仕事にした時に成功しやすいと言えるでしょう。

好きなことを仕事にした場合、成功しなかった時に好きなことを嫌いになってしまうリスクがあります。そのようなリスクを回避するためにも、好きなことを仕事にして成功するためのポイントは知っておいた方が良いでしょう。

スポンサーリンク

■好きなことを仕事にするメリット・デメリット

好きなことを仕事にしたいと考えている人は多く、それに向けて準備を進めている人もいるでしょう。しかし、どのような場合でもメリットやデメリットは生まれるため、好きなことを仕事にするメリット・デメリットについて知っておくことも大切なポイントになります。最後に、好きなことを仕事にするメリット・デメリットにはどのようなものがあるのかご紹介しましょう。

・好きなことを仕事にするメリット

好きなことを仕事にするメリットとして挙げられるのは、以下のポイントです。

・情報収集をするペースが速くな

・高い向上心が持てる

・スキルアップのための勉強が苦にならない

・上達のペースが速くなる

好きなことや得意なことであれば、あらゆる方面にアンテナを張れるようになります。好きなものだと情報収集をするスピードが速くなるといった経験は多くの人が持っているのではないでしょうか?これを仕事に活かすことができれば、好きなことを仕事にして成功できる可能性も高くなります。

他にも、「好きなことをもっと上手になりたい」、「レベルの高い技術を身に付けたい」といった向上心を持ちやすくなり、モチベーションを維持しやすいという点もメリットになるでしょう。さらに、よりスキルアップするための勉強が苦にならないため、より高度な知識やスキルを身に付けられるようになり、顧客満足度が高まるサービスの提供につながっていく可能性も高まります。

・好きなことを仕事にするデメリット

好きなことを仕事にするデメリットとして挙げられるのは、以下のポイントです。

・好きなことのネガティブな側面を知った時にうまく対処ができない

・締め切りなどで苦しくなってしまう可能性がある

好きなことを趣味として楽しんでいるうちは楽しい部分だけしか見えていないため、それを仕事にできたら幸せだと思うでしょう。しかし、仕事にするということは、好きなことのネガティブな側面を把握して対処できるスキルを身に付けなければいけません。そのようなスキルは趣味のレベルでは身に付いていないことがほとんどなので、もしも仕事にした時にうまく対処できずに困惑してしまう可能性もゼロではないのです。

また、趣味の範囲内であれば締め切りなどで苦しむ必要がありませんが、仕事にすると締め切りに追われてしまう可能性もあります。好きなことを仕事にするのであれば、好きなことのネガティブな側面を知った時にうまく対処ができない、締め切りなどで苦しくなってしまう可能性があるといったデメリットを理解しておくことも重要です。

好きなことを仕事にできれば、それはとても幸せなことです。しかし、好きなことを趣味として楽しむのと仕事にするのでは大きな違いがあります。それは、社会的な責任の大きさでもありますが、自分自身が好きなことに対して感じる負担の大きさによる違いもあります。

好きなことを仕事にして成功させるためには、今回紹介した好きなことを仕事にできる人の特徴や好きなことを仕事にするメリット・デメリットを知り、覚悟を持つ必要があるでしょう。好きなことを仕事にしたいと考えている人は、今一度冷静になってよく考えてみましょう。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事