異業種転職への不安をなくし、成功させる方法
スポンサーリンク

転職活動をしている中で、異業種への転職をしたいと考える方も少なくありません。しかし、これまでとは全く違う業種への転職は大きな不安を抱えることにもなります。

転職市場をしっかりと把握しなければいけないことはもちろんですが、自分自身が持っているスキルや経験の中で活かせるものがあるのか、転職する時にアピールできるポイントは何なのかといった基本的な部分を確認する必要も出てきます。そこで今回は、異業種への転職を考えているけれど不安が大きいという方向けに、異業種転職を成功させるポイントについてご紹介しましょう。

スポンサーリンク

■異業種転職の現実を知っておくことが重要なポイントになる

異業種への転職を成功させるためには、異業種転職の現実を知っておくことも重要です。異業種転職の成功のしやすさは、年齢や業界によっても異なります。そこでまずは、20代と30代の異業種転職のしやすさや未経験でも転職しやすい業界についてご紹介していきます。

・20代の異業種転職

まず20代の場合は第二新卒求人などもあることから、未経験の業種でも転職しやすい傾向にあります。特に、20代半ばまでであれば、実務経験などの実績よりもやる気がある方を積極的に採用しているというケースが少なくありません。そのため、異業種転職は比較的成功しやすいと言えるでしょう。

・30代の異業種転職

30代の場合は、20代よりも即戦力として求められる傾向が高まります。したがって、20代と比べると異業種転職が成功する可能性は低くなってしまいます。

もしも異業種転職をする場合であっても、これまでの経験や身に付けたスキルが役に立つ転職先を選ぶようにした方が成功しやすくなるでしょう。また、採用する側が求めている条件を満たせるのであれば、異業種転職でも成功できる可能性は高まるので、転職先を見極めることが重要となります。

・未経験での異業種転職

未経験でも異業種転職を受け入れるケースが多い業界はあるのでしょうか?未経験でも積極的に採用しているケースが多い業界は、商社や流通系、人材サービス系、ITやWEB系、メディア系などが挙げられます。これらの業界は、基本的に人手不足であり、ビジネスチャンスを拡大したいと考えています。

また、未経験であってもある程度教育をすることで、即戦力として活躍してもらえるという強みがあります。そのため、未経験で異業種転職を考えているのであれば、このような業界も視野に入れてみると良いでしょう。

スポンサーリンク

■異業種転職を成功させるために押さえておきたいポイント

異業種転職は、同業転職よりもハードルが高くなっています。成功させるためには、いくつかのポイントを知っておく必要があります。続いては、異業種転職を成功させるために押さえておきたいポイントについてご紹介していきましょう。

・コミュニケーションスキルが高いことをしっかり伝える

未経験での採用をする場合でも、社会人としての経験は最低限あるということが前提になります。これまでの仕事の中で、どのような経験をしてきて、どのようなスキルや知識が身に付いたのかということはしっかりと伝えられるようにした方が良いでしょう。

もちろん、仕事をしていく中で必要となる社内外でのやりとりがしっかりできるというコミュニケーション能力は、多くの企業が必要だと考えています。そのため、異業種転職でもしっかりとコミュニケーションができるスキルを持っていることをアピールすることが重要です。

・キャリアプランを明確にする

同業種転職であれば、スキルアップやキャリアアップを目的としていることが分かりやすいと言えます。しかし、異業種転職ではスキルアップやキャリアアップがすぐにはできません。そのため、キャリアプランを明確にして、転職先へしっかりと説明できることもポイントになるでしょう。

・これまでの経験やスキルの活かし方を明確にする

異業種転職であっても、これまでの経験やスキルを全く活かせないというわけではありません。パソコン関連のスキルやビジネスマナーなど社会人であれば身に付けておきたいスキルや経験を異業種でも活かせます。これまでの経験やスキルを活かせるのであれば、どの程度のレベルなのかを明確にする必要もあるでしょう。

特に、文書作成スキルやプレゼン資料の作成スキルは、異業種へ転職しても活かせる可能性が高くなっています。どれくらいのレベルまでできるのかを明確にできれば、面接の際にもアピールしやすくなります。

・自分に足りない部分もしっかりと分析しておく

転職先に自分自身の魅力をアピールすることも大切ですが、異業種転職の場合は特に自分に足りない部分をしっかりと分析しておくことが必要です。自分自身に足りていない部分はどこなのかが分かれば、転職先で身に付けるべきスキルも分かってきます。それだけではなく、転職先に入社するまでに勉強しておかなければいけないことも明確になり、自分のためにも役に立つのです。

異業種転職を成功させるためには、このようなポイントを頭に入れておくと良いでしょう。不安もあるとは思いますが、新しいステップを踏み出すチャンスでもあります。その機会を逃さないためにも、ここで紹介した異業種転職を成功させるためのポイントを頭に入れておきましょう。

■異業種転職で失敗してしまう人の特徴とは?

異業種転職は成功できれば自分自身の大きな成長につなげることもできますが、中には失敗してしまうという方もいます。最後に、異業種転職で失敗してしまう人には共通する特徴があるのか解説していきましょう。

・転職先の業種の仕事を把握していない

異業種転職で最も失敗してしまう可能性が高いのは、転職先の業種の仕事を把握していないというケースです。業種が変わるということは、働く先の社風も大きく異なります。同じ営業職であっても製造業の営業と商社の営業は仕事にやり方などが全く違っています。

イメージの違いや前職との違いは、大きなギャップを感じてしまうポイントとなっています。転職先の業種の仕事を把握していないと早い段階での退職につながってしまうので注意が必要です。

・ついつい頑張りすぎてしまう

異業種転職は、全く新しいことにチャレンジしているということになります。そのため、ついつい頑張りすぎてしまうという方もいます。

これまでの経験を活かすことができない業種では、経歴は全く通用しません。そのような時に、自分自身が理想としている姿と現実がかけ離れて見えてしまう可能性もあるでしょう。

場合によっては大きなストレスとなって自分自身の身に降りかかります。そのようなストレスで潰れないためには、できることから少しずつ仕事を進めていくことが重要になるということも覚えておくと良いでしょう。

異業種転職は、新しい自分を見つけるための第一歩になります。しかし、きちんと準備をしておかないと失敗したと感じてしまうこともあるでしょう。そうならないためにも、異業種転職の現実を知っておくことや異業種転職を成功させるために押さえておきたいポイントを頭に入れておいた方が良いのです。

また、異業種転職で失敗してしまう人の特徴を知っていれば、自分自身はどうなのかと見つめ直すきっかけにもなります。自己分析と業界の分析を丁寧に行い、理想の異業種転職を実現させましょう。そうすることで、やりがいを感じながら仕事ができるようになります。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事