転職して年収を上げたいなら、成長市場・マーケット選びが一番大事な理由
スポンサーリンク

現在、転職をしたいと考えている方はどのくらいいるでしょうか?転職をしたい理由は人によって様々かと思いますが、今よりも年収を高くしたいと考える方も多いはずです。しかし、転職したからと言って必ず年収が上がるとは限りません。

年収を上げるためには、成長市場を選んだり、将来性のある業界を選んだりすることが重要になってきます。今回は、そんな成長市場やマーケットを選ぶことが転職で重要な理由や、業界を選ぶ時に知っておきたいポイントなどをご紹介していきましょう。

スポンサーリンク

■2019年の転職市場について

日本では大きな事業変革が起こっていますが、2019年もそれは推進されていくと予想されます。特に、企業間の競争を優位にするために必要な、異なる能力を持つ人材を確保することで良い動きが加速していくことでしょう。自動車業界をはじめとする多くの業界では、IT化もどんどん進められているため、異業種から人材を争奪するという動きは今よりも本格的になると考えられます。

また、最近では労働者側も業界や地域を超えて成長していきたいという思いを抱く方が増えています。「越境転職」と呼ばれる動きが増えているのは、これまでに見られなかった動きです。企業側もそのような転職を心掛けている人材に魅力を感じ、採用したいと考えています。

具体的な例を挙げてみると、子育てでブランクがある女性や第二新卒者を採用するなどターゲットを拡大する傾向が強くなっており、リモートワークや在宅勤務を導入するなど働き方改革を推進するといったものが変化してきた点だと言えます。このような採用方法が増えてきた背景には、優秀な人材を確保したいという思いが強く込められていると考えられます。そのため、経営・人事・現場が協力し合って採用活動を行っているのです。

■どのような業界が成長していくのか

転職をするのであれば、自分自身が成長できる業界であったり、年収を上げたりできる業界を選びたいと思うはずです。それを実現するためには、成長業界を選んで転職をするということも重要なポイントになってきます。では、どのような業界が成長していくのか考察していきましょう。

・IT業界

ITが大きな進化を遂げている今、IT業界は成長性のある業界だと言えます。長者番付などにもIT企業の創業者がランクインしていることから、最も成長している業界だということが分かります。これからは、AIエンジニアやAIマネジメントといったAIに関する職種が増える可能性もあるため、IT業界は人材を求めていると言えるのです。

また、IT業界にはベンチャー精神の強い企業も少なくありません。欧米と同じような企業風土を備えていたり、転職自体に寛容だったりする企業もあります。フリーランスのような自由な働き方をしてきたという方にとっても魅力的な職場になる可能性があるのです。

しっかりと知識やスキルを身に付けていれば、将来的に仕事がなくなってしまうという可能性もかなり低いと言えます。そのため、比較的安定した業界でもあるのです。

・エンタメ業界

これからの時代は、AIなどの技術が進歩することで私たちが行う仕事の量は減っていくと考えられます。自由な時間が増えるということは、娯楽の時間が増えることにもつながります。つまり、映画やゲーム、レジャーなどといった遊びの時間を楽しむ方がこれから増えていく可能性が高いのです。

現在、YouTuberが広告費で大きな金額を稼いでいたり、eスポーツ市場も大きく伸びたりしています。ゲームや音楽といったクリエイティブな才能が必要な分野は、AIは苦手としています。そのため、人間が作り出すエンタメ市場が成長すると考えられるのです。

・医療業界

あらゆる場面でAIを導入していますが、医療業界でもAIが活躍する時代になってきました。がんの治療方法を提案しているIBM社が手掛ける人工知能・Watson(ワトソン)は、医師よりも正確な診断ができるまで進化しています。膨大なデータを解析しなければいけない場面では、AIが大きな役割を担っているのです。

しかし、医師や看護師、介護士といった患者をサポートする仕事をAIが行うことは難しいと考えられています。なぜなら、コミュニケーションが最も重要だからです。AIが人間と同等のスムーズなコミュニケーションをすることはまだまだ難しく、患者の多くは生身の人間と話すことで不安を解消できることから、AIが患者の対応まで行うということはないと言えるでしょう。

ここで紹介した3つの業界は、これからの時代でも生き残っていくと言われています。転職をするのであれば、このような成長市場についても検討してみましょう。

スポンサーリンク

■転職先の業界を選ぶ時に知っておきたいポイント

転職をする時の業界選びは、とても重要です。なぜかというと、転職する業界によって、スキルアップができたり、キャリアアップにつながったりするためです。自分がやりたいと思う仕事ができるということはやりがいにもつながるので、特に大きなポイントだと言えるでしょう。

しかし、業界選びで失敗しないためにはどのようなポイントを押さえておけば良いのか分からないという方も多いのではないでしょうか?そこで、転職先の業界を選ぶ時に知っておきたいポイントについて、いくつかご紹介していきましょう。

・未経験の業界に行く場合は段階を追って考える

転職する業界が未経験の業界だという場合は、1段階転職・2段階転職をいう方法を取ることをおすすめします。営業職をしていたのであれば、転職先の業界で営業職として働いてから、部署異動によって他の職種へと移るという方法が1段階転職・2段階転職です。

どのような仕事をしたいのかにもよりますが、職種は変えずに違う業界に足を踏み入れてみるとハードルは格段に下がるでしょう。その中で業界について知ることができれば、新しい業界に転職したとしても活躍しやすくなります。

・イメージだけではなく具体的な求人や業務の内容を確認する

業界に対するイメージが先行してしまうというケースは少なくありません。大手企業が属している業界や注目度が高まっている業界は、将来性があると思われがちです。もちろんそのイメージが正解だという場合もありますが、それだけで業界を選んでしまうと後悔してしまう場合もあるので注意が必要です。

後悔しない業界選びをするためには、具体的な求人や業務の内容を確認することも重要になります。細かい部分まで分析することはできないかもしれませんが、やりたい仕事と具体的な求人・業務内容をすり合わせていくことによって、本当にその業界で働きたいのかが見えてくるでしょう。

また、年収を上げたいのであれば、業界の中でも大手企業への転職を心掛けることが重要になります。これまでのスキルや経験を活かし、即戦力として貢献できるのであれば年収も上げやすくなるでしょう。そのため、全く別の業界で合っても活かせるスキルや経験があった方がメリットも大きくなるのです。

全く別の業界に転職することは簡単なことではありません。しかし、今回ご紹介したような成長市場やマーケットを知っていれば、望み通りの転職ができる可能性は高くなります。また、将来性がある業界であれば年収も上げられる可能性が高いということも覚えておくと良いでしょう。これから転職しようと考えている方は、今回ご紹介したポイントを押さえ、後悔のない転職活動になるよう進めていきましょう。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事