転職を成功させるための転職エージェントの使い方
スポンサーリンク

転職を希望する人の中には転職エージェントを利用して、スムーズに転職活動を進めている人が多くいます。無料で利用できるサービスということもあり、転職エージェントの利用者は年々増えているようです。

しかし、そんな中でも「転職エージェントの使い方が分からない」、「どんなサービスを提供くれるのか知りたい」などといった声もあります。そこで今回は、転職エージェントの正しい使い方について解説していきましょう。

スポンサーリンク

■転職エージェントとは

転職エージェントとは人材紹介サービスを提供する事業のことを言います。求人企業からは人材紹介会社と呼ばれることが多く、転職を希望する求職者の中から利益に直結しそうな人材を支援していくアドバイザーとも言えるでしょう。

人材紹介の依頼を企業から受け、希望の条件やニーズに合った人材を探し紹介します。基本的には企業から支払われる報酬が収入となっているため、転職希望者は無料で利用することが可能です。登録手続きを行うだけで以下のようなサービスを受けることができます。

・転職希望者と面談を行い、希望する条件や今までの経験や実績など持っているスキルのヒアリングを行う

・条件に見合った求人情報の収集や紹介をしてくれる

・履歴書や職務経歴書の添削、面接対策を指導する

・企業に対しての応募や面接日程などの調整

・採用・入社後のアフターフォローの実施

転職エージェントは、以上のようなサービスを求職者に無料で提供しています。

■転職エージェントを利用する時の流れ

転職エージェントは主に4つの段階で構成されています。

1.登録

インターネットを利用して転職エージェントの利用登録を行います。

申し込み手続きに必要な項目は「氏名」「住所」「現在の勤務先」などといった個人情報に加え、希望する職種や年収などの条件を入力してください。

2.キャリアアドバイザーとの面談

手続き完了後は、数日以内に転職エージェントから申請した電話番号またはメールアドレス宛てに連絡が来ます。ここで、キャリアアドバイザーとの最初の面談日程を決めてください。面談は土日でも受け付けているところが多く、地方に関しては電話面談に応じてくれるところもあります。

技術系の職種の場合は工場または研究所などが地方にあるケースが多く、柔軟に対応してくれる可能性が高いです。面談は通常1時間程度となっていますが、希望職種や転職理由、自身のスキルなどを担当アドバイザーと共有することになっています。

3.履歴書・職務経歴書の作成

転職するのが初めてという人には職務経歴書を一から作成していきます。各エージェントには履歴書や職務経歴書などのテンプレートもあるので、こちらのサービスを上手く活用してみるのも良いでしょう。また、面談の練習や書類の記載方法など転職者に向けた無料セミナーを実施しているところも少なくありません。

4.求人選別・書類選考

上記の利用登録と書類作成が完了すれば、転職エージェントから求人情報が次々に送られてきます。この時、転職エージェントとどのようにコミュニケーションを図るかで転職活動の成否が決まります。

また、キャリアアドバイザーが求職者のアピールポイントをどれだけレクチャーしてくれるかによって、選考される確率が大きく変わってきます。自分を雇うことによって企業にどれだけのメリットがあるのかを事前に伝えておく必要があります。

5.内定

企業と求職者の合意がとれれば内定獲得となります。内定の出し方は2つあり、1つは転職エージェントを通して内定通知書を受け取るケース、もう1つは条件面談が行われ人事経由で内定通知書を受け取るケースです。

エージェントから受け取る場合の内定通知書は、企業によって記載内容が異なります。この時、詳細が記載されているものは問題ありませんが、中にはタイトルと年収だけという企業もあるので注意してください。疑問や心配な点がある場合は、面談の設定を依頼した方が良いでしょう。

一方、条件面談があり企業の人事経由で内定通知書を受け取る場合は、直接人事から内容を説明されます。ここで業務に対する質問がある場合は、事前にエージェントへ確認事項を伝えておきましょう。

スポンサーリンク

■転職エージェントで行われる面談内容

転職エージェントに登録すると、担当アドバイザーから連絡が届き、最初の面談をすることになります。ここで、キャリアアドバイザーとの面談がどのように行われるのかご紹介していきましょう。

・面談場所

転職エージェントの初回面談は、大抵オフィスで行われることが多いです。中には飲食店などで担当アドバイザーと待ち合わせをして面談をしたり、電話で面談したりするケースもあります。「仕事が忙しい」「遠方に住んでいる」などの理由で面談の時間が作れない人は、電話面談を利用することもできます。

・面談の回数

面談回数は通常1回ですが、希望すれば個別に相談に応じてくれるところもあります。模擬面談や転職後に会う場合もありますが、このようなケースは珍しいでしょう。

・面談時間

転職エージェントの担当アドバイザーとの面談は、1時間~1時間半程度が一般的です。電話面談の場合は1時間以内で終わる場合が多いでしょう。面談では事前に提出してもらった履歴書・職務経歴書をもとに転職したい理由や将来のビジョンなどについて伝えます。

自身の経歴と共に希望条件を伝えることも重要です。少なくとも勤務地や年収、職種などの希望は明確に伝えるようにしてください。

・面談の服装

よくある質問の中に「面談の時はどのような服装をしていけばいいか」という内容があります。転職エージェントから送られてくる案内メールには「平服でお越しください」と書かれていることが多いのですが、実際のところはスーツでも普段着でも問題ありません。企業との面談と違うのであえてスーツに着替えて行く必要はありませんが、社会人としての最低限のマナーは備えておくべきです。

・面談の雰囲気

転職エージェントとの面談は企業面接と違い、とてもリラックスした空間で行われます。最初にキャリアアドバイザーからサービスについての簡単な説明を受け、その後求職者に対してインタビュー形式で質問をしていきます。

質問が一通り言わるとアドバイザーは紹介する求人情報を探しに退席する、もしくは面談ルームに設置されたパソコンから求人情報を検索する作業に移ります。ここから求人情報の紹介が始まり、求職者は紹介された求人が意に沿うかどうか明確に伝えてください。

転職エージェントを利用するとキャリアカウンセリングが受けられたり、履歴書や職務経歴書などの重要書類の添削をしてもらえたり、転職活動を成功させるためのメリットがたくさん受けられます。キャリア採用の場合は、非公開求人などスキルや能力を持った人だけしか応募できない情報を見ることができるでしょう。

しかし、このような恩恵を受けるには転職エージェントを正しい方法で利用しなければなりません。キャリアアドバイザーは転職のプロとも言える存在ですが、言われたことが100%合っているとは限らないのです。

自分が求めている目的や条件と違う点があればはっきり「NO」と伝えることも大切です。アドバイザーから手厚いサポートを受けるためにも、偽りのない情報を提示し信頼関係を築き上げることも意識していきましょう。転職エージェントは自身のキャリアアップのための強力な味方となってくれるはずです。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事