30代の転職で失敗しないための企業選びのポイント
スポンサーリンク

30代での転職は即戦力を求められるため、採用される確率が低くなると考えている方も多いのではないでしょうか。「未経験でも採用してもらえるのか」「転職先の会社が自分に合わなかったらどうしよう」など不安に思う方も少なくありません。そこで今回は、30代の転職で失敗しないためのコツや企業選びのポイントについて解説していきましょう。

スポンサーリンク

■転職を成功させるための3つのポイント

では、始めに転職を検討する際、準備しておきたいことを3つご紹介しましょう。

1.転職先で実現したいことを明確にしておく

今までの職場に対して「上司に恵まれない」「もっと高収入な企業で働きたい」などという不満を理由に転職を考える方が多くいます。採用面接では転職する理由を担当者から聞かれることが多いのですが、ここで不満や愚痴を言うのは相応しくありません。採用担当者は応募者が転職を希望している段階で、これまで働いてきた職場に多少の不満があることは分かっています。

しかし、ここでは「上司と合わない」などという理由を伝えるのではなく「良いチームワークで成果をあげていきたい」というニュアンスで伝えるようにしましょう。さらに、転職を希望する企業で働く目的についても明確にしておく必要があります。

企業にとってどんな人材が求められるのか、どんな方法で貢献してくれるのか検討を重ね担当者は採用を判断することでしょう。転職理由は自分本位な考えだけではなく、企業の特性と強みを上手く組み合わせて伝えることが大切です。

2.採用担当者の視点で自分を評価する

採用を決める面接の場で自分と同じような応募者がいたら、あなたはどのようにアピールしますか?30代で転職をする場合は即戦力が求められることが多いのですが、それと同じくらい大切なことは「内定を出してあげたい人材かどうか」ということです。

採用担当者の視点で自分自身を客観的に分析し、評価してみてください。これまでの経歴や能力、転職の目的などが採用する側に優位な条件になっているか自己分析してみましょう。

3.転職エージェントを活用してみる

転職エージェントは転職の専門家により豊富な知識や経験を活かし、応募者の希望を考慮した上で最適な企業を紹介してくれる事業です。自身の置かれた境遇や目的などを予め伝え、それにマッチングした企業を選定してくれるため、希望の職種や企業が見つかりやすいでしょう。

この他、求人情報の提供や疑問点の解消、面接練習など転職を成功させるためのサポートが充実しています。30代の転職に自身がない人や自分と相性の良い企業を、できるだけ早く見つけたい人におすすめです。

■30代転職で失敗しない企業選びとは

本格的に企業選びをする際は、複数の求人企業から自分の基準にマッチする企業を選定していく作業が必要になります。ですが、その中から1社に絞るのは至難の業です。

多くの転職者は在職中の職場でマイナスな面ばかりに目を奪われがちです。以前まで不可能だったこと、不満なことばかり考え、恵まれていた条件に関しては当然だと思っている人も少なくないでしょう。では、ここで応募先企業を決める際に大切な「基本項目と設置ポイント」についてご紹介します。

・職種や仕事内容の設定

転職を行うにあたり業種や職種を明確にすることは基本です。経理事務や営業、IT関連事業など希望する分野や業種、主業務を具体的にイメージしてみましょう。それに加えて「自分がやりたい業務」と「できる業務」を整理し、何を優先させるか絞ってみてください。

・雇用形態のあり方について

同じ企業で働いたとしても、正社員か契約社員かによって働き方が変わってきます。今の雇用形態は「正社員」「契約社員」「派遣社員」「パート」「アルバイト」などに分かれているのが現状です。自分がどんな守備範囲で働きたいのかを考えておきましょう。

・給与の希望額と必要最低賃金

毎月必要な資金を考えることは年収や希望給与額を考えることにつながります。必要最低限の給与額をおさえた上で希望の給与額を設定できれば、昇格や賞与も予測しやすくなるでしょう。在職中の職場が大手企業だったり勤続年数が長かったりした場合は、転職先の初任給は減給する可能性があるので注意してください。

・勤務場所や通勤時間

今まで遠距離通勤や通学経験がない人は、最長1時間半の通勤時間を上限に設定することをおすすめします。自身が数時間以上の通勤時間に納得していても、採用担当者の疑念を払拭されるのは難しいでしょう。企業側は交通費負担の面でも不利になりがちなので、可能な限り勤務地は自宅から1時間以内で通える場所を選ぶようにしてください。

・勤務時間や休日・休暇

8時間勤務の職場であっても企業によって始業時間・終業時間は異なります。勤務地や部署などによっては交替勤務や深夜勤務がある職場もあります。

これは休日や休暇についても同様で、自身の生活スタイルや家庭状況によって変わってくるはずです。月に最低どのくらいの休日数が必要か、また対応可能な時間帯を出すようにしてください。このように企業選びをする際に、自分の選択基準や優先準備を確認することで、自分に合う企業探しができるようになります。

スポンサーリンク

■転職を希望する企業の本質を見極めるポイント

転職をする際の企業選びは自分の条件により近い企業を選定します。その場合は人によって、転職したい企業とそうでない企業の判断も違ってくるでしょう。

では、転職を希望する企業の社風や収益性を見極めるには、どのような点を考慮したら良いのでしょうか?ここで、転職先を決定する前に企業の本質を見極めるポイントについて解説していきます。

・過去数年の売上推移は伸びているか

売上が順調に伸びているかは企業にとって資金調達しやすいかどうかが分かるポイントです。同じ業界の大手企業やライバル企業と比較して、どの程度売り上げが伸びているか調べてみましょう。

ここで注意しておきたいことは、過剰な投資で資金を調達し売り上げを伸ばしているケースです。企業規模の拡大を目指し、借入金が膨れ上がってしまっている企業もあるので注意してください。

・新しい商品・サービスを展開しているか

企業の成長性を確認する方法として最も有力なのは、新商品や新サービスを積極的に展開しているかどうかである程度予測できます。起業してまだ間もない企業は新しい商品を意欲的にリリースし、早い段階で事業の核を構築させる必要があります。

長い歴史を持つ企業でも時代のニーズに対応していく柔軟性があるかどうかは不可欠です。顧客ニーズを追求する意欲があるかどうかも重要なポイントになるでしょう。また、常に新しいことだけに注力するのではなく、既存のものについても改良を重ねていく姿勢も大切です。

・取引先はどんな企業か

気になっている企業がどんな企業か知りたい場合は、主要取引先をチェックしてみましょう。もしも、取引先が業界トップクラスの企業であれば、当然転職を検討している企業についても将来性は期待できます。さらに複数の企業と取引している場合は、技術力だけでなく営業力も備わっている企業という判断ができるでしょう。

企業の本質を見抜くには「将来性」や「安定性」、「生産性」「収益性」など多角的な視点で評価することが重要です。「会社規模が大きいから安定性がある」「知名度が高いから成長性がある」という見方は単なる個人のイメージに過ぎません。求人情報だけで全てを読み取ることはできませんが、情報公開に積極的な企業は信頼性が高い企業と言えるでしょう。

30代は社会経験や人間関係構築をある程度経験しているため、企業から有力な世代だと注目されています。そんな期待に応えるためにも自己分析やキャリアの棚卸し、資格取得などの事前準備を怠らないようにしましょう。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事