30代転職を検討する際、どのくらいの年収アップを狙うべきなのか?
スポンサーリンク

30代で転職を考えた時、一番気になるのは年収がどの程度見込めるのかという部分ではないでしょうか?「30代の転職で年収ダウンは当たり前」という見解もあるため、転職を躊躇してしまう方も多いでしょう。

そこで今回は、30代で転職を検討する際は年収アップを期待するべきなのか、また転職で年収を上げる方法について解説していきます。

スポンサーリンク

30代の平均年収はどのくらい?

30代に突入した社会人は家庭を持ちマイホームを購入する人が増えてきます。また、会社や事業形態の不満や自身のスキルアップ、年収アップを目指し転職する割合も多くなっていくことでしょう。

しかし、30代はこれまで積み上げてきたスキルや経験から、それ相応の年収をもらっている方も多くいます。そこで転職での年収アップを狙う前に「30代の平均年収」についてチェックしてみましょう。

【30~34歳:男性】平均461万円

【30~34歳:女性】平均315万円

【35~39歳:男性】平均517万円

【35~39歳:男性】平均442万円

上記のデータは、国税庁による民間給与実態統計調査平成29年度分から引用したものです。今回のデータにはありませんが、男性の平均年収で最も年収のピークになるのは大体50~54歳と言われています。

男性の場合は55歳未満まで年齢が増すごとに年収が高くなる傾向があります。平均年収にはボーナスも含み、会社の規模や業績によって変動があるでしょう。

30代転職で年収アップする人の割合

では、30代の転職で年収がアップする人はどのくらいの割合を占めているのでしょうか?ここで、厚生労働省による「直前の勤務先及び現在の勤務先の状況」のデータ内容を見てみましょう。

・年収が増えた…男性:38.0%、女性:43.6%

・年収が減った…男性:37.3%、女性:34.5%

・変わらない…男性:23.0%、女性:20.7%

男女それぞれの割合を比較してみると、男性に比べて女性は明らかに年収が下がりにくい傾向が見られるようです。これは女性の方が転職した際、年収が下がらないことを前提に再就職先を検討するからでしょう。では、年齢別の年収アップについてはどのような割合になっているのでしょうか?

【年収増加】

20~24歳…43.6%

25~29歳…47.1%

30~34歳…44.4%

35~39歳…43.3%

40~44歳…43.7%

45~49歳…36.2%

【年収減少】

20~24歳…24.0%

25~29歳…31.5%

30~34歳…32.9%

35~39歳…33.1%

40~44歳…33.0%

45~49歳…39.3%

【変わらない】

20~24歳…26.7%

25~29歳…20.5%

30~34歳…22.2%

35~39歳…22.2%

40~44歳…21.8%

45~49歳…23.7%

上記のデータを見ると年収が最も増加する年齢は25~29歳までで、45~49歳になると増加する割合よりも減少した人の割合の方が高くなっていることが分かります。したがって、転職で年収アップが見込める年齢は平均44歳ということになるでしょう。一般的に年収アップを見込んだ転職は35歳前後が限界と言われてきましたが、これまでの経験や能力、学歴、視覚などによって、30代での年収アップの転職は有利となってきているようです。

スポンサーリンク

30代転職で年収が下がることもある

年収がアップする転職はキャリアや実績などが重要ということを述べてきましたが、反対に転職をしたことで年収が下がってしまう人も当然います。その理由は単純に経験不足ということもありますが、それだけではありません。では、経験不足という理由以外に年収ダウンになってしまう特徴とは何なのでしょうか?

・「上司と反りが合わない」などの理由でその場の環境から逃れたい一心で、待遇を優先せずに転職してしまう

・賞与やインセンティブなどを含めた月給のみで転職先を決めてしまう

・短い期間内で転職を繰り返し、キャリアを築けない

・自分のキャリアに自信が持てないため、給与交渉をしない

・自分の適正価格が分からず、適正の年収ではない転職をしてしまう

・職場環境を第一に考えてしまう

上記の項目は一時の感情、あるいは一部の情報から転職しているケースが多いです。

年収アップを優先に転職をする場合は、ボーナスや昇給、福利厚生などの情報から転職先を選んだ方が良いでしょう。

30代の転職で年収をアップさせる方法

転職で高年収を狙うには大手有名企業や外資系企業など、元々給与水準の高い企業を選ぶのが手っ取り早い方法です。しかし、このような企業に転職するにはこれまで働いてきた企業の給与水準も高いことが求められます。

積極的な年収交渉を行っても応じてくれる企業は少ないでしょう。では、大手企業でなくても一般企業の転職で年収アップにつなげるにはどうしたら良いのか、ここで年収をアップさせる方法をご紹介します。

・異業種に転職する

一般的に異業種への転職は高年収につなげることは難しいと言われていますが、必ずしもそうではありません。実際、異業種に転職をして年収が上がったという方は大勢います。自分のスキルや経験値が高い人、会社から必要とされている人はどの業種でも活躍できる可能性が高いです。

例えばその業界において担い手があまりいないような技術を持っていれば、むしろ転職をした方が給与水準も高くなるでしょう。金融関連の専門職やIT関連、通信関連事業、医療系などは、社会の高齢化が加速するにあたり今後、市場規模の拡大が見込まれている職業です。すでに人材の奪い合いになっている業界もあるので、年収アップにつながりやすい職種に転職を考えることも重要なポイントと言えます。

・Uターン・Iターン転職をする

「首都圏での就職は年収が高い」というイメージが先行していますが、全ての企業がそうとは限りません。中小企業庁のデータによるとUターンやIターン転職で減収になる割合がかなり低いことが明らかになっています。

地方で生まれ育った人は、地元に戻って転職をしてみることで年収アップにつながるかもしれません。出身地が首都圏という方は、都会から地方へ移住して働くIターン転職を検討してみても良いでしょう。地方での生活は生活費にかかる金額が低いため、トータル的に見た時に年収アップにつながるはずです。

・転職エージェントを利用する

自分が持つスキルや経験がどのくらい会社に貢献できるかを換算できれば、企業側に自分の適性年収を伝えることができますが、これは難しい作業です。しかし、客観的に自分を推薦してくれる人がいたらどうでしょうか?もしかしたら第三者視点による年収の方が、自分の希望額よりも上回るかもしれません。

転職エージェントは転職先に応募者の技術や能力を推薦し、給与交渉も口添えしてくれる心強いサービスです。転職のプロが代理で企業に希望などを伝えてくれるので、労働条件の細かい点なども交渉してくれるでしょう。年収など自分から切り出しにくい話題は、転職エージェントに相談してみるのがおすすめです。

・実力主義や実績評価型の企業を選ぶ

どんなにレベルの高いスキルを持っていても、評価制度が年功序列や勤続年数などを優先している企業では転職しても年収アップは難しいでしょう。社歴の浅い中途採用者は高い評価を得られない可能性もあります。

転職先を探す場合は、実力や実績によって給与が決まる評価型の企業を検討するようにしましょう。また、インセンティブなどを導入している企業にも注目してみてください。

30代の転職は実力の差が表れ始める年代と言えます。着実にスキルを磨いてきた人は、転職しても年収がアップする可能性が高いでしょう。

転職するか迷っている人はどのような職種が年収アップしやすいのか、注目されている職種を考えてみてください。面接での年収交渉や労働条件の希望をどのように伝えたらいいのかわからないという人は、転職エージェントを利用してみると良いでしょう。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事