転職の自己分析にストレングスファインダーを活かす方法
スポンサーリンク

転職をするのであれば、自分自身の強みを活かせる職場を見つけたいと思う方はほとんどでしょう。しかし、自分に合っている仕事がどんな仕事なのかを見極めることは難しいことでもあります。そのため、自分に合っている仕事を見つける方法はないのかと考えたことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか?

今回は、転職で自分自身の強みを活かすために活用できるストレングスファインダーという診断についてご紹介しましょう。ストレングスファインダーを利用することで、自己分析がしっかりと行えるため、自分に合った仕事を見つけるヒントにつながります。

スポンサーリンク

■ストレングスファインダーとはどのようなものか?

ストレングスファインダーは、アメリカで世論調査や組織のコンサルティングを行っているギャラップ社という会社が開発した自分の強みを知るためのツールです。私たち人間は、弱みを改善しようとするよりも、強みを見つけて活かす方が能力を最大限に活かせるという考えに基づいて開発されました。そんなストレングスファインダーは、WEBサイトで177個の質問に答えることで、自分の強みを教えてくれます。

ストレングスファインダーを開発する際にギャラップ社は、強みの根源となる様々な能力をあらゆる角度から抽出し、分類をします。そして、それらの分析に基づいて34種類もの才能の分野を特定できるようになっています。ストレングスファインダーの質問に答えると、その34種類の才能の分野の中から強く表れている5つの分野を表示してくれるため、自分自身の強みに気付けるというわけです。

ここで表示される強みというのは、その人自身が持つ思考や行動などのパターンを表したものに過ぎません。そのため、必ずしもそれが強みに結び付かないというケースもあります。しかし、自分自身が当たり前だと思っていた思考や行動などのパターンを意識すると生産性を向上させることにつながるなどのメリットを生み出せるようになり、結果的に強みになる可能性は大いにあります。

つまりストレングスファインダーは、私たちの中に眠っている強みの根源を可視化してくれるツールになるでしょう。今まで自分でも分からなかった強みに気付けることによって、自分自身がやりたいと思うことを明確にすることができます。そして、ストレングスファインダーの結果を転職活動でも活用できるのです。

■ストレングスファインダーを受ける前に目的や活用する場面を考える

ストレングスファインダーは、認知度が高まっているため、転職を考えている方や新卒で就職をしようと考えている方が多く受験しています。しかし、ストレングスファインダーを受ける目的やストレングスファインダーの結果を活用する場面まで考えている人はそこまで多くありません。なぜそのようなことが言えるのかというと、ストレングスファインダーを受けてどうだったかを聞いても、ストレングスファインダーの目的に沿っている答えを返してくれる方がほとんどいないからです。

ストレングスファインダーを受験するのであれば、まずはどのような目的で受験するのかを考える必要があります。周りの人に勧められたり、自己啓発セミナーで受験を促されたりして受験をするという受け身の方がたくさんいます。しかしそれでは、ストレングスファインダーを受験する本来の目的を達成できない可能性が高いでしょう。

転職活動において、自分自身の強みをしっかりアピールできるように準備しておきたいと考えている方ももちろんいます。このように、なぜ受験するのかが明確になっていなければ、ストレングスファインダーの結果を見てもどう活かしたらいいのかが分からなくなってしまうでしょう。そうなってしまっては、ストレングスファインダーを受験する意味がなくなってしまいます。

ストレングスファインダーを受験するのであれば、結果をどのような場面で活用するのかも明確にしておくことが重要になります。受験する目的と活用場面は合わせて考えておいた方が良いでしょう。

また、ストレングスファインダーの結果から分かった自分の強みを仕事に活かしていきたいというのでは漠然としすぎています。もっと明確な活用場面を考えなければいけません。例えば、転職先で取り組んでいるプロジェクトで活かせる強みがあるから、それを自己PRに盛り込みたいというような感じです。

自分自身では見つけられなかった強みも発掘してくれます。それをどのように活かしていくかは、自分次第です。しっかりと目的や活用場面を考え、ストレングスファインダーの結果を無駄にしないようにしましょう。

スポンサーリンク

■ストレングスファインダーの結果は転職活動にも活用できる

自己分析は、新卒採用だけではなく転職活動でも必要になります。そんな時にストレングスファインダーは非常に役立ちます。

一般的に転職活動における自己分析は、これまでの仕事の経験やスキルが転職先でどのように活かせるかを踏まえた上で考えます。しかし、過去を振り返り、第三者からアドバイスをもらったりしていると時間がかかってしまいます。また、自己分析が主観的なりやすいため、分析の結果として必ず正しいとは言えません。

そのような問題を解決するために役立つのがストレングスファインダーなのです。ストレングスファインダーは、30分前後の診断テストを受けるだけで客観的で整合性の高い強みを教えてくれます。このような特徴を持つストレングスファインダーを活用すると、今までの自己分析よりも時間を短縮でき、精度を上げることができます。

ストレングスファインダーを受験することで見つかった自分自身の強みが、今の価値観や行動とどのように関連しているか、転職先でその強みを活かせるのかということを考えてみてください。ここから弾き出された答えが、エントリーシートや履歴書、面接で役に立ちます。さらに、これからの人生の指針にもなり得るでしょう。

■自分の好きなことと得意なことを混同してはいけない

ストレングスファインダーを受験することで、自分が得意としていることが分かります。自分の好きなことと得意なことは、似ていることもあるため混同されやすくなっています。しかし、この2つを混同するのは自己分析の精度を下げてしまう可能性があるので、してはいけないのです。

自分の好きなことは、仕事の分野を決める時に役立ちます。得意なことは、仕事で適している役割を決める時に役立ちます。このことを踏まえた上でストレングスファインダーの結果を活かした方が、より転職活動がうまくいく可能性が高まるでしょう。

ストレングスファインダーの結果を自己分析に活かそうと考えている方は、このようなポイントも頭に入れておくと効率良く転職活動ができるようになります。

ストレングスファインダーは、転職活動をする中で方向性を決めるための重要な指針にもなり得ます。自己分析をスムーズに進めることもできるので、将来のビジョンをより明確に持てるようになるでしょう。転職を考えているという方は、自己分析の一環としてストレングスファインダーを受験してみてはいかがでしょうか?

ストレングスファインダーを受験し、自分自身について知ることができれば、転職活動もスムーズに進むことが期待できます。自分の強みを活かした転職をしたいと考えている方は、ぜひストレングスファインダーの受験を検討してみてください。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事