転職を成功させるための志望動機・理由の書き方・面接での伝え方
スポンサーリンク

皆さんは、転職を成功させるために必要なことはどんなことだと思いますか?人によって様々なことを思い浮かべているかと思いますが、今回は転職を成功させるために必要なことの1つである志望動機について解説していきます。志望動機・志望理由の書き方や面接での伝え方に悩んでいるという方は、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

■志望動機・志望理由を履歴書に書くのはなぜか?

履歴書には、志望動機や志望理由を記載するスペースがあります。志望動機や志望理由は、何を志望する動機や理由を書くのでしょうか?これには、2つの答えがあります。

それは、会社を志望する動機や理由と職種を志望する動機や理由です。採用試験においては、会社を志望する動機や理由を重要視する傾向が強くなっています。

どうしてたくさんある会社の中から選ばれたのかを知りたいと考えているからです。そのため、志望動機や志望理由は面接官を納得させられるようなものでなければいけないということになります。

いくつかの会社を志望する場合、志望動機を使い回してしまう方もいますが、これはやってはいけないことです。志望動機は面接で聞かれることも多いので、使い回していると具体的な説明が難しくなってしまう可能性があるため、やってはいけません。

■志望動機・志望理由をうまくまとめるために知っておきたいポイント

志望動機・志望理由は履歴書に書くことも多いですが、面接で聞かれることも多くなっています。そのため、口でも説明できるようにまとめておく必要があります。では、志望動機・志望理由をうまくまとめるために知っておきたいポイントについて見ていきましょう。

【転職の理由と志望する会社が持つ魅力の共通点を伝えられるようにする】

志望動機や志望理由では、事業内容や取り扱っている商品、業績、社風などを魅力的だと感じた部分を伝えれば良いと思っている方がたくさんいます。もちろんそれも志望動機の1つにはなりますが、面接官に納得してもらうためには不十分な内容です。

また、会社の魅力は他の人も同じように感じる可能性があるため、誰にでも当てはまってしまいます。そのため、会社の魅力を伝えるだけではなく、転職の理由と共通する点を伝えることが重要になります。

【自分らしいオリジナルの志望動機・志望理由にする】

志望動機や志望理由は、どうしても似たような内容になりがちです。しかし、転職理由は人それぞれです。

そこでどんな理由で転職を決意したのかを思い出してみることをおすすめします。どうしてその会社を志望するのかを明確にするためにも、オリジナルの志望動機や志望理由が必要です。

また、他の人とは違うということが伝われば、採用してもらえる可能性も高まるので、自分らしいオリジナルの志望動機や志望理由にすることはとても重要だと言えるでしょう。オリジナルの志望動機や志望理由を書くためには、実際の体験を交えるとより効果的です。

【自分自身が持っているスキルや実績を盛り込む】

志望動機や志望理由をより具体的にするためには、自分自身が持っているスキルや実績を盛り込むことも重要になります。スキルや実績を盛り込むことで、どのような活躍ができるのかということも明確になるからです。

実績はそのスキルを活かすための根拠にもなるので、採用につなげるための有効な手段だと言えます。そのため、志望動機や志望理由の中に、自分自身の強みや経験などを盛り込むことをおすすめします。

【提出の方法によって文章の量を変化させる】

志望動機や志望理由を書面で伝える際には、職務経歴書の冒頭にまとめるという方法と職務経歴書とは別に志望動機書を作成するという方法があります。職務経歴書の冒頭にまとめるのであれば、できるだけ簡潔に伝わりやすい文章を作った方が良いでしょう。

それに対して職務経歴書とは別に志望動機書を作成するのであれば、具体的な内容をしっかりと書いた方が良いと言えます。履歴書にも志望動機を記載するスペースがある場合は、内容が被ってしまっても良いので、簡潔にまとめるようにしましょう。そうすることで、志望動機や志望理由が伝わりやすくなります。

【面接時にかっこいい自分を演出する必要はない】

求人を出している会社は、面接でかっこよさを求めているわけではありません。かっこよく自分を見せたとしても、それが採用につながるとは限らないからです。

むしろ、しっかりと志望動機や志望理由を伝えることができ、面接官が共感できる人材こそ採用されやすくなっています。そのため、かっこよく思いを伝えようとするのではなく、少しぎこちなかったり拙い部分があったりしても、真っ直ぐな思いを伝えることの方が重要だと言えるのです。

スポンサーリンク

■志望動機や志望理由によってはマイナスな印象を与えてしまう可能性も…

志望動機や志望理由は、面接を成功させるための大きなポイントになります。

内容によっては、マイナスな印象を与えてしまう可能性もあるので、しっかりと考えなければいけません。

次は、マイナスな印象を与える志望動機や志望理由はどのようなものかを見ていきましょう。

【志望動機や志望理由と退職の理由が一貫していない】

志望動機や志望理由と退職の理由に一貫性がないと、本音ではないと思われてしまう可能性があり、不信感を抱かれるかもしれません。不信感を抱かれてしまうと、採用の可能性が大幅に低くなってしまうので気を付けるようにしましょう。志望動機や志望理由と退職の理由に一貫性を持たせるためには、それらにストーリーを持たせることが重要です。

【プライベートと仕事を両立させたいという志望動機】

プライベートと仕事を両立させたいという志望動機は、仕事に対する意欲がないと思われてしまう可能性があります。その他にも、給料の良さや福利厚生が充実していること、地元で仕事をしたいという志望動機もネガティブな意味に捉えられてしまうことがあるので、そこを強調するのは控えた方が良いでしょう。

確かに待遇面の良さは非常に魅力的です。しかし、それを全面にアピールしてしまうと、さらに条件の良い会社があったらそちらに行ってしまうのではないかという懸念も持たれてしまいます。

【「御社で学ばせていただきたい」という志望動機】

「御社で学ばせていただきたい」という志望動機や志望理由を記載したり、面接で伝えたりする方がいます。これを伝えることで熱意や謙虚さをアピールしようとしているケースが多いのですが、受け身な人だと思われてしまい、即戦力には向いていないと思われてしまう可能性があります。もしも足りない部分があるのであれば、積極的に学びに行く姿勢を見せた方が印象は良くなるでしょう。

このようなポイントは、マイナスな印象を与えてしまう可能性があるので、控えた方が良い志望動機や志望理由です。転職を成功させるためには、覚えておいた方が良いポイントなので、忘れないようにしましょう。

志望動機や志望理由は、転職活動を成功させるための大きなポイントになります。志望する会社から採用してもらうためには、志望動機・志望理由をうまくまとめるために知っておきたいポイントやマイナスな印象を与える志望動機や志望理由はどのようなものかということを知っておくことが重要になります。

このようなポイントを知っていれば、より伝わりやすい志望動機や志望理由を記載したり、伝えたりできるでしょう。そして、志望する会社に採用してもらうことができ、自分自身が望む働き方を実現できる可能性が高くなります。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事