サラリーマンが資産運用で1億円を作る方法
スポンサーリンク

仕事をしながら、将来に向けて貯蓄をしているという方はたくさんいるはずです。中には、資産運用をして資産を増やしているという方もいるでしょう。資産運用をすることで1億円貯めることを目標にしている方もいます。

しかし、1億円貯めるというのは簡単なことではないため、サラリーマンをやっていたらそこまで貯められないだろうと考える方も少なくありません。それでも資産運用を上手く活用すれば、1億円を貯めることも夢ではないのです。今回は、サラリーマンが1億円の資産を作るためにはどうしたら良いのかご紹介していきましょう。

スポンサーリンク

■1億円を貯めるためには複利効果について知っておこう

銀行にお金を預けると、利子がつきます。利子には元金だけにつく「単利」と、元金+利子につく「複利」の2種類があります。複利を利用することによって、利子を少しでも多く得られれば、1億円を貯めるというゴールが現実味を増してくるでしょう。

複利は、資産運用の期間が長くなればなるほど大きな効果を感じられます。そのため、長期的な運用をした方が良いということになります。長期的な運用で複利を得られれば、お金が雪だるま式に増えていくからです。

もしも1ヶ月に10万円ずつ積み立てをして1億円を貯めようすると、銀行預金では83年もの時間がかかってしまいます。しかし、年利7%で複利を活用した運用ができれば28年で1億円を貯められるのです。積立の金額を増やしたり、より利率の良い運用を行ったりすればもっと早く1億円を貯められるでしょう。

複利には、このような嬉しい効果があります。資産運用をする時に、複利効果を意識して運用をすると1億円も夢ではありません。1億円を貯めたいのであれば、まずはこの複利に関する知識を頭に入れておくようにしましょう。

■支出を減らして収入を増やすことも重要なポイント

資産運用で1億円を貯めるためには、資産運用に回すお金を増やしていくことも重要なポイントになります。お金は、支出を減らして収入を増やすことで増えていきます。資産運用に回せるお金が少しでも多くなれば、その分1億円までの道のりが短くなるので、早くお金を貯めたいという方は支出や収入をしっかりと分析してみてください。

支出を減らして資産運用に回すお金を増やすためには、節約をすることが大切になります。衝動買いをしないように気を付けたり、保険を見直したりすることで支出はかなり減ることが予想されます。また、外食の予算を決めておくことも支出を減らせるポイントになるでしょう。

収入を増やして資産運用に回すお金を増やすためには、出世をして給料を増やす、給料が高い職場に転職する、副業をするという方法が考えられます。しかし、出世や転職をするのは時間的にも体力的にも厳しくなってしまう可能性があるため、副収入を増やす方法を検討した方が良いというケースの方が多くなっています。副収入を増やすためには、クラウドソーシングサービスなどを活用してみると良いでしょう。

スポンサーリンク

■1億円を作りたいサラリーマンが資産運用をする際に気を付けたいこと

資産運用を行うことで、1億円を作り出せる可能性は大幅に高まります。しかし、資産運用をするのであれば、気を付けたいポイントも知っておかなくてはなりません。続いては、1億円を作りたいサラリーマンが資産運用をする際に気を付けたいことについてご紹介していきます。

【リスクが高い投資には手を出さないようにする】

資産運用をしている中で、ハイリスク・ハイリターンな投資を目にする機会もあり、大きなリターンが得られるのであればチャレンジしたいと思う方もいるでしょう。しかし、リターンが大きいということは、その分大きなリスクを背負わなければいけません。お金を増やすための投資なのに、お金が減ってしまっては意味がないので、資金に余裕がない時はリスクが高い投資には手を出さない方が良いでしょう。

【安全性を重視しすぎても資産運用は上手くいかない】

ハイリスク・ハイリターンな投資は、失敗してしまった時の損失が大きくなってしまうため手を出さない方が良いでしょう。ただし、だからと言って安全性を重視しすぎても資産運用は上手くいかない可能性があります。例えば、国債や銀行預金などはリスクが低い分リターンも低くなってしまうので、安全性を重視しすぎてしまうと1億円を貯めるという目標を達成できなくなってしまいます。

【投資商品や投資タイミングを分散させる】

投資商品や投資のタイミングは、一極集中にしてしまうと万が一の時に大きな損失を被ってしまう可能性が高まります。そのため、投資商品や投資タイミングを分散させることも重要になるのです。投資を継続し、順調な資産運用をしていくためには、分散させるというポイントも必ず覚えておきましょう。

【積立投資や長期投資の方がおすすめ】

株式投資や投資信託といったリスク資産は短期的な利益を求めることができますが、安定した資産運用には向いていません。安定した資産運用で1億円を貯めるためには、積立投資や長期投資にした方が良いと言えるでしょう。積立投資や長期投資では、大きな複利効果も期待できるというメリットも実感できるため、安定した資産運用にもつなげやすくなります。

■インデックスファンドやロボアドバイザーでの運用を視野に入れてみる

インデックスファンドは、3%~7%くらいの年利になっていますが、安定したリターンが期待できるため、複利効果を得やすくなっています。長期投資にかかるコストも抑えられるため、じっくりと資産運用をしたという方に最適だと言えるでしょう。

インデックスファンドとは正反対のアクティブファンドというものもあります。アクティブファンドは、大きなリターンを目指すファンドなので、その分リスクも高くなってしまいます。そのため、短期で大きな利益を上げられるというメリットがありますが、リターンはインデックスファンドの方が高くなっているのです。その他にも、ほったらかしておいても運用ができるロボアドバイザーというものがあります。ロボアドバイザーはAIに資産運用を任せるため、ほったらかしにしていても資産運用ができます。ロボアドバイザーでは、投資信託の積立投資を自動でしてくれるので、手間をかけずにお金を増やせる方法だと言えるでしょう。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事