30代の転職活動、何から始めるべき?
スポンサーリンク

30代になると、転職を考える方も増えてきます。転職を考える理由は人それぞれですが、30代の転職で押さえておきたいポイントは、「現状何を解決したいのか」、「何を最も重視するのか」ということです。しかし、このようなことを言われても漠然と転職を考えている段階ではピンと来ないでしょう。

そこで今回は、30代で転職活動をする場合、何から始めるべきなのかということをご紹介します。転職をしようか迷っているという方、転職に向けて動き始めているという方はぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

■転職活動の大まかなスケジュールは?

転職活動は、事前準備、情報収集、書類作成・応募、面接、内定・退職・引き継ぎというスケジュールで進んでいきます。事前準備から内定・退職・引き継ぎまでの期間は個人差がありますが、平均すると2ヶ月~3ヶ月程度となっているので、そのくらいを目安に考えておくと良いでしょう。転職活動は、限られている時間を有効活用する必要があるため、それぞれの段階で何を準備すべきなのか知っておくことも大切になります。

・準備期間

準備期間には、転職する理由やアピールできるスキルや経験の棚卸などを行います。この準備期間の中でしっかりと整理ができていると、応募する企業選びや書類作成がスムーズになります。この段階で、自己分析や企業分析がきちんとできていると転職活動がスムーズに進みやすくなるので、意識してみてください。

・情報収集

情報収集は、転職活動の中で大きな役割を持っています。それは、キャリアの可能性を広げること、自分の市場価値を知ることの2つです。この2つがしっかりと押さえられていれば、自分に合う転職先を見つけられるでしょう。

・書類作成と応募

準備期間と情報収集が終わると、ついに履歴書や職務経歴書を作成することになります。書類作成時に重要になるのは、限られたスペースの中でいかに自分自身のアピールポイントを記入できるかということです。採用された時に会社にとってどのようなメリットがあるのかをしっかり伝えられるようにしましょう。

・面接

面接は、転職活動のメインになるものです。面接を突破するためには、事前準備が重要になるため、しっかりと対策をしておくことが必要になります。自己紹介や自己PR、転職理由に関する質問、志望動機に関する質問、活かせる経験やスキルに関する質問、面接官への質問は必ずと言っていいほど聞かれるので、事前に回答を考えておくようにしましょう。

・内定・退職・引き継ぎ

面接が終了し、無事に内定が決まったら、退職の手続きや引き継ぎを行います。退職の手続きがうまくいかないとトラブルに発展し、入社日を遅らせなければいけないという事態に陥ってしまう可能性があります。そうならないためには、しっかりと手順の踏んだ手続きをすることが大切です。

転職活動をする場合は、このようなポイントを押さえたスケジュールを立てておくと良いでしょう。きちんと段階を踏むことによって、次に何をしたら良いのかが明確になるため、確実に前に進める転職活動ができるようになります。

■30代での転職活動、こんな疑問を持つ人が多い!

転職活動は、先ほど紹介したようなスケジュールで進めるのが理想的です。30代になるとスキルアップをしたいと考えるようになったり、ライフスタイルに変化が出てきたりするので、転職を考えるケースも多くなります。転職を考えている方はスケジュールを意識してみると良いでしょう。

しかし、30代での転職は不利になるという話も聞かれます。そのような話を聞くと不安に感じてしまう方もいるはずです。続いては、本当に30代での転職は不利になってしまうのか、チェックしてみましょう。

・30代での転職は不利になってしまうのか

30代で転職をした中の半数以上が不利ではなかったと答えています。ただし、ある程度の経験があることが前提になっているケースも多いので、応募先のニーズに応えられるかどうかは意識した方が良いでしょう。未経験可の求人の場合は、書類審査で不採用になる可能性もあるので応募する求人を見極めることも重要です。

・会社を決める時の決断理由にはどのようなものがあるのか

転職を考えるきっかけは、将来性や待遇面が大きなポイントになるケースが多いでしょう。しかし、実際に転職先の会社を決める時の決断理由として多いのは、どのような仕事内容なのかということです。仕事は大半の時間を占めるので、納得できる仕事ができるようになれば、自分自身の成長や給与のアップにつながる可能性も見込めるからです。

・転職活動は長い期間掛かってしまうのか

30代で転職活動を行う方が多く感じている不安は、転職活動の期間が長くかかってしまうのかということです。転職活動が完了するまでに3ヶ月ほどかかると考える人が多いと言われています。それよりも早く完了させたいのであれば、転職の準備や面接の時間の調節などができる時間を事前に確保しておくことをおすすめします。

・キャリアを活かせば年収はアップできるのか

30代の転職で年収がアップするかどうかは重要なポイントになります。特に、これまでのキャリアを活かした仕事をするのであれば、年収アップが期待できる可能性が大きくなるのです。そのため、年収をアップさせるためにはキャリアを活かせる仕事を選ぶことも大切だと言えるでしょう。

・30代で未経験の職種を目指すのは厳しいのか

転職を考えている方の中には、未経験の職種にチャレンジしたいと考えている方もいるでしょう。しかし、30代で未経験の職種を目指すのは難しいと言われているため、なかなか転職活動がうまくいかない可能性もあります。どうしてもチャレンジしたいのであれば、これまでの仕事の中で培ってきたスキルや経験が活かせるということをアピールすると良いでしょう。

・入社してからハンディを感じてしまうことはあるのか

30代という年齢が壁になってしまう可能性も少なからずあります。これまでの経験を活かせる職場であればそこまでハンディを感じることはないかもしれませんが、慣れるまではなかなかついていけないと感じるというケースもあります。しかしこれは、時間と毎日の業務へのリズムが整えば解決する問題なので心配しすぎる必要はないでしょう。

・30代の転職は成功するのか

30代の転職で失敗してしまうと後がないと思ってしまう方も少なくありません。しかし、失敗をしないためのポイントを知っていれば、そのような不安は必要なくなるでしょう。そのポイントというのは、目的を明確にして活動をするということで、妥協をしないということです。

30代での転職は、不安なことがないと言えば嘘になるでしょう。しかし、実際に30代で転職をして成功した人もいるので、あまり不安を抱え過ぎないことが重要です。不安なまま面接に挑むとそれが失敗につながってしまう可能性があります。

30代で転職活動をしようと考えている方は多いです。しかし、30代だからこその不安や悩みが生まれることもあり、なかなかスタートできないという方もいます。最初の一歩が踏み出せないという方は、今回の記事で紹介した転職活動の大まかなスケジュールや30代で転職活動している人が抱えやすい疑問の解決策などを参考にしてみてください。

30代でもしっかりと準備すれば転職は成功します。転職を考えている方は少しずつでも良いので、活動をスタートさせてみると良いでしょう。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事