転職理由の書き方と面接でのはずさない回答例
スポンサーリンク

長く仕事をしている中で、転職を考えたことがあるという方は少なくないでしょう。実際に現時点で転職をするための準備を進めているという方もいるかと思います。しかし、転職をする場合、転職理由をどのように伝えたらいいのか悩んでしまうというケースが多くあります。

今回は、そのような悩みを抱えている方のヒントになるように、転職理由の書き方と面接ではずさない回答例についてご紹介しましょう。これから転職活動を行うという方はぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

■転職理由を書く時に考えたいこと

転職理由は、ネガティブなものが多いというケースがほとんどなので、本音を伝えるのはマイナスな印象になりかねません。また、条件について問われた時の対応をどうしたら良いか悩んでしまうという方もいるでしょう。まずは、転職理由を書く時に考えたいことについてご紹介していきます。

・退職理由と転職してから実現したいことをセットで考える

転職理由は、退職する理由と転職してから実現したいことをセットで考えると整理がしやすくなります。退職をする理由の中には、キャリアアップができない、会社の方針が合わないといったネガティブな感情が含まれているケースがほとんどです。

しかし、面接の時にその理由をはっきりと伝えてしまうと、採用してもすぐに辞めてしまうのではないか?という疑念を抱かれてしまう可能性があります。それだけではなく、不満ばかりで改善策を考えていない人、物事を建設的に考えることができない人といった見方をされてしまう可能性があるので、ネガティブな理由を直接的に伝えることは不利な状況を自ら作り出していることになります。

そのような状況になってしまうのは、転職理由は何かという視点だけで見ているからネガティブな表現になってしまうことが要因と言えます。ただ転職理由を考えるだけではなく、転職で実現したいことを伝えられればそのようなイメージを抱かれることは少なくなり、面接官に良い印象を与えられるでしょう。

・希望条件について応える時にはアピールポイントもしっかり伝える

転職をして、今より収入を増やしたい、残業を少なくしたいと考える人はたくさんいます。しかし、これは多くの人が望んでいることなので、年収の希望や勤務時間の希望だけではどのような活躍をしてくれるのか把握できません。また年収の希望や勤務時間の希望だけで求人を探していると、面接の時に志望理由を聞かれると戸惑ってしまう可能性もあります。

そのため、条件面で転職をする場合の理由には、「責任感のある仕事がしたい」、「専門的なスキルを活かせる場所で働きたい」などのように、転職をすることで実現できることもアピールするようにしましょう。アピールポイントがしっかりとしていれば、志望動機にもつながりやすくなり、面接官が受ける印象も良くなります。

■履歴書に転職理由を書く時に覚えておきたいコツ

履歴書の転職理由は、面接の時と違って時間をかけて考えます。そのため、面接で自信がないという方の場合は、面接の分をカバーできるようにじっくり時間をかけましょう。続いては、履歴書に転職理由を書く時に覚えておきたいコツをご紹介していきます。

・完結で倫理的、一感性のある転職理由が成功のヒントに

転職理由としてあげる内容は、2つ程度が良いと考えられています。なぜかというと、たくさんの理由を書いてしまうと軸がない人物だと思われてしまう可能性があるからです。そのため、多くても2つ程度が良いです。

そして、転職理由を書く時は、理由を書いた後に詳しい説明を書くとより分かりやすくなります。先に結論があると体系立てた文章が書けるという印象になり、論理的な思考の持ち主であるということをアピールできます。文章の構成がイマイチな仕上がりだとイメージダウンにもつながるので気を付けましょう。

さらに、転職理由を志望動機につなげることも重要なポイントになります。どうして転職をしたのか、どうしてこの会社を受けるのかという理由に一貫性があると軸のある人物だということが伝わり、採用される可能性が高くなるのです。

・プライベートな情報は書いてはいけない

転職理由を書く時に、過去の体験などを盛り込むことは効果的な方法です。ただし、過去の体験が趣味や遊び、プライベートでの体験である場合は、書かない方が良いと言えます。

確かに、趣味や遊び、プライベートな体験の中でも学びを得ることはたくさんあります。しかし、履歴書の転職理由の場合は、これまでしてきた仕事の中からピックアップする方が良いです。WEB業界などを志望している場合は、趣味で作ったホームページなどが評価されることもあるので、一概には言えませんが趣味や遊び、プライベートな体験を盛り込むのであれば、仕事に直結しているかどうかを見極めるようにしましょう。

スポンサーリンク

■転職活動の面接でよく聞かれることと回答するときのポイント

最後に、転職活動の面接でよく聞かれることとその回答例をご紹介しましょう。実際の面接で聞かれやすいこともあるので、転職活動をしている方は頭に入れておいてください。

・転職を決めた理由は何か

転職を決めた理由は、必ず聞かれると思っておいた方が良いでしょう。なぜこの質問をするのかというと、会社側は同じような理由で辞めてしまうような人物ではないかを知りたいからです。この質問に答える時に押さえておきたいポイントは、不平や不満に対して解決策を考えたか、周りとのコミュニケーションはできていたかということになります。

この質問に対する回答では、どうして転職を決めたのかという理由と転職後にどのようになりたいか、入社することでどのような活躍ができるのかなど、前向きなアピールポイントを付加させることが大切です。この質問に対する回答で、面接官が持つイメージは大きく変わるので、重要なポイントになるでしょう。

・転職回数が多いのは何か事情があったのか

この記事を読んでいる方の中にも、転職回数の多さや理由を聞かれた経験があるという方もいるのではないでしょうか?この質問は、ネガティブな質問のように感じるかもしれませんが、必ずしもそういうわけではありません。応募してきた方が転職に対してどのように考えているのか、同じ理由で辞めてしまう可能性がないかを見極めるための質問なのです。

この質問に対する回答では、転職して目指したいことや実現したいこと、キャリアに対する考え方をしっかりと伝えることが大きなポイントになります。キャリアアップを意識していたら転職の回数が増えた、より成果重視の会社で自分自身のスキルを磨いていきたかったという理由を述べると良いでしょう。そして、転職先では身に付けられるスキルに魅力を感じたということを伝えれば、転職回数はマイナスイメージにはならない可能性が高くなります。

転職活動をしている中で、転職理由を聞かれることは少なくありません。しかし、面接官がマイナスなイメージを抱いてしまうと採用に結び付きにくくなってしまうため、良いイメージを抱いてもらえる転職理由の書き方や回答の仕方は知っておいた方が良いのです。

今回紹介した転職理由を書く時に考えたいことや履歴書に転職理由を書く時に覚えておきたいコツ、転職活動の面接でよく聞かれることと回答する時のポイントは、必ず役に立ちます。転職を検討している方、転職活動中だという方はぜひ紹介してきたポイントを活用してみましょう。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事