転職にベストなタイミングとは?
スポンサーリンク

転職を希望している方や転職を視野に入れている方の中には、企業における採用活動が活発になっている時期や市場価値が高まっている時期に行いたいと思っている方も多いのではないでしょうか?転職にベストなタイミングや年齢などは、業種や職種によって変わります。

しかし、一般的なベストタイミングを理解すれば、その時期を参考に転職活動を始めやすくなるでしょう。そこで今回は、転職にベストなタイミングについてご紹介します。

スポンサーリンク

■キャリアアップのための転職

現在の仕事をやりきったと感じたり、今の会社ではキャリアアップが見込めないと感じたりすると、転職を考える方は多いでしょう。そんな方にとって、どんなタイミングが最も良いのでしょうか?

・プロジェクトを終えてから

現在抱えているプロジェクトがある場合、そのプロジェクトを終えてから転職をするのも1つの選択肢です。この場合、転職活動はプロジェクトを終える前から始めておくと良いでしょう。

ただ、そのプロジェクトが転職先の企業にとって魅力的な実績として理解されるかどうかがポイントになります。例えば、同業界でのキャリアアップを目指す目的であれば、どんな経験を積みどのようなスキルや知識を有しているかは重要です。キャリア形成や仕事が中途半端な状態だと、転職のタイミングとして相応しくないと言えます。

・資格取得してから

こちらも同業界でのキャリアアップの場合と同様です。同業界の場合、これまで携わってきたスキルや知識にプラスして、資格を有していると転職に有利になる可能性が高くなります。資格取得を検討しているなら、在職中に取得してから転職するようにしましょう。

資格は種類も様々なものがありますが、中には取得するまで時間がかかるものや1度では取得できないほど難易度が高いものもあります。特に、日商簿記やTOEIC、秘書検定などは、募集職種に対応した資格を有しているかどうかも見極められます。

在職中であれば、資格取得のために勉学に励んでも仕事のブランクができません。企業にとっては仕事のブランクがある方よりも、在職中に資格を取って転職活動をしている方の方が魅力的に感じられるのです。

・昇進後

近々昇進が決まっている方や昇進の見込みがある場合は、昇進後に転職すると有利です。同業界で管理職や大きな仕事を任されたい場合は、実績があればその分評価されます。条件の良い転職をするために、在職中に実績を残そうと考えている方も少なくありません。

■ライフイベントが目的の転職

男女問わず、結婚や育児などのライフイベントに合わせて転職を考える方はたくさんいます。結婚や育児と仕事の両立ができる職場でなければ、転職という選択をする必要が出てきます。

・家族との時間を重視したい場合

例えば、夜勤や残業が多い会社に携わっている場合、結婚を機に家族との時間が取りやすい職場に就きたいと思う方は多いでしょう。しかし、転職すれば初任給が下がる可能性もあるため、パートナーと話し合った上で計画的にタイミングを検討する必要があります。

家計を支える上で、転職後の収入面をしっかり考えておかなければなりません。高い収入を得られる会社に転職する場合でも、家計を考慮してベストなタイミングを定めることが大切です。

・出産や育児

女性の場合は、出産を機に転職を考えている方がいます。産前産後休暇は労働基準法で定められており、産前は申し出で付与され、産後は申し出がなくても必ず付与されるものです。

一方で、育児休暇は入社から1年未満の従業員は付与されない可能性があります。そのため、転職後1年以内は育児休暇が取得できないと思っていた方が良いでしょう。

ただ、子どもが生まれてしまうと転職に制約が出てしまうため、転職そのものがしにくくなってしまう可能性もあります。子ども検討する前まで、もしくは結婚する前に子育て中も働きやすい職場を探し、新しい職場で実績を積んでおけば、産休・育休も取得しやすくなるでしょう。

・家の購入

マンションや一戸建てなど家の購入前後に転職を考えている方もいます。家を購入する際にはほとんどの方が住宅ローンを利用するのではないでしょうか?

そもそも、住宅ローンは金融機関において安定した収入があり、返済能力があるかどうかが重視されます。勤続年数が長く、年収も安定していれば、その分住宅ローンは借りやすくなります。

一方で、転職後1~2年の場合は住宅ローンを組めない可能性があり、転職活動中で仕事をしていない方は借りられないと思っていた方が良いでしょう。転職後もしばらく家の購入を考えていないのであれば問題ありませんが、そうでなければ住宅ローンを組んでからの転職を考えましょう。

スポンサーリンク

■年齢別で見るベストな転職タイミングとは?

同業種や他業種関係なく、転職する際には年齢も重要な部分と言えます。ここでは、年齢別に分けて転職する際のベストなタイミングを見ていきましょう。

・25歳~29歳

新しい仕事に挑戦してみたいと感じたり、他に自分に向いている仕事がしたりを感じたりする年齢です。新卒入社から3年以上の勤務の場合は、まだ社会人としての経験が浅い分、将来の活躍を期待されやすいです。

・30歳~34歳

30歳以降になると、即戦力として求められる傾向にあり、スキルや経験が重視されます。マネジメント経験だったり、管理職経験があったりすれば問題ありませんが、役職についていない場合は実績を作ってから転職するか、できるだけ若いうちに転職するのがポイントです。

・35歳~39歳

マネジメント経験や管理職経験がなければ、早めに転職した方が良いでしょう。年齢は、上がれば上がるほど転職に不利になってしまう傾向にあります。

それは、企業側が年収を高く提示しなければならず、それに見合うスキルを持っているかどうか厳しく判断されるからです。求められるスキルレベルも上がるので、簡単に転職できるとは思わないようにしましょう。

■採用活動が活発になる時期とは?

企業の採用活動が活発になれば、求人数も増えます。では、1年を通して採用活動が最も活発になる時期はいつなのでしょうか?

一般的なのは、新年度を控え新たな体制を構築したり、強化したりする2月~3月です。また、下半期の採用活動に向けて8月~9月も活発になる傾向にあります。この時期は、全体の求人数が多くなるだけでなく、条件の良い求人も公開されやすいです。

その理由は、企業の期が変わるタイミングであるため、人事異動をはじめ入れ替わりの影響でポジションに空きが出る可能性が高いからです。中には、冬の賞与をもらってから転職しようと考えている方もいます。しかし、注意したいのがそのタイミングです。

年末年始は転職活動に適していると言われていますが、忙しい時期でもあるため面接や選考のアポが取りにくくなります。また、年末調整前に退職してしまうと、翌年に自分で確定申告する必要があります。年末調整の後であれば企業で行ってくれるので、手続きの部分も考慮して検討するようにしましょう。

実際に冬の賞与をもらってから転職する方は多いと言われています。しかし、企業の求人倍率に大きな変化はあまりなく、即入社を求められている求人も多くあります。

そのため、4月~8月までの期間であっても魅力的な求人が見つかる可能性もあるでしょう。この時期は、新しいプロジェクトを開始するタイミングであったり、急な退職者で早く採用したいと思っていたりと急を要する採用活動を行う傾向にあります。掘り出し物とも言える求人を見つけたい場合は、あえてこの時期を狙うというのも1つの手です。

今回は、転職にベストなタイミングについて紹介してきました。転職を考える時期は、その方によって違いますし、その状況によってベストなタイミングも異なります。

しかし、転職する際には目的や年齢、条件などを踏まえ、その後のライフイベントにどのような影響があるのかしっかり理解しておかなければなりません。転職したい理由を明確にして、自分に最適なタイミングを検討して転職活動をしましょう。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事