初心者におすすめの資産運用方法まとめ
スポンサーリンク

資産運用には様々な種類があり、どれを選んでいいのか迷ってしまうという方は多いでしょう。初めての資産運用となると、特にどの方法なら失敗せずに済むのか、それぞれどんな特徴があるのか知らない方もいらっしゃるかと思います。

そこで今回は、初心者におすすめの資産運用方法をご紹介していきましょう。自分に合った資産運用方法を見つけられるように、特徴や始め方なども一緒にご紹介していきます。

スポンサーリンク

■資産運用を始める前に決めておきたいポイント

資産運用方法をご紹介する前に、まずは把握してほしいこと、決めておいた方が良いポイントがいくつか存在します。どのようなポイントがあるのか解説していきましょう。

・家計の状況を把握する

資産運用を始める前に、必ず家計の状況を把握しておくことが大切です。今、毎月どれくらいの支出があって、どれくらい資産運用に使える資金があるのかを確認しておきましょう。

家計の状況を把握するためには、お金の収入・支出を把握するためのキャッシュフロー、そして資産残高を把握し整理するためのバランスシートがあります。キャッシュフローは1ヶ月ごとの収入・支出の流れが理解でき、大まかな生活費を算出できます。

バランスシートの場合、資産の中でどれくらいの資金を運用に回して良いのかが見えてきます。例えば、住宅ローンなどで負債がある場合はいくら資産があったとしても、数ヶ月分の住宅ローンを支払えるくらいの資金は用意しておかなくてはいけません。このように資産と負債をチェックすれば運用に回せる金額がどれくらいあるのか把握できるのです。

目標と運用する期間を決めておく

資産運用する目標と運用する期間を決めておかないと、商品選びで躓いてしまいます。商品選びでは目標と期間に合わせて選ばなければならないので、まずはなぜ資産運用するのか、どれくらいで目標を達成したいのかを考えてから商品選びを行うようにしましょう。

具体的にどのような目標、そしてその目標に合わせてどれくらいの期間を設けた方が良いのかと言うと、例えば将来老後に困らないくらいの生活費を貯めておきたい場合は10~30年、子どもの教育費(大学卒業までの資金)を貯めたい場合は5~20年、海外旅行に行きたい場合は1~3年になります。もちろん、こちらで提示した目標と期間はあくまでも目安に過ぎないので、自分で無理なく資産運用できる期間を設定しておきましょう。

■初心者におすすめの資産運用方法

ここからは初心者におすすめの資産運用方法をご紹介していきましょう。初心者にとっておすすめの資産運用方法は、やはり手間がそれほど掛からず、手軽に始めやすいものだと言えます。今回はそんな資産運用方法を中心に解説していきます。

・投資信託

投資信託とは、ファンドに資金を預けて投資のプロであるファンドマネージャーに運用をお任せする方法です。ファンドでは複数の金融商品を活用して分散投資を実施するケースも多く見られます。プロに運用を任せられるという点は初心者にとって魅力的なポイントと言えるでしょう。

ただ、投資信託と言ってもかなりの数があるため、その中から利益を出せる投資信託を選ぶ必要があります。また、元本保証がないため値下がりのリスクを考慮しておくようにしましょう。

・ロボアドバイザー

ロボアドバイザーとは、投資信託と似たような商品なのですが、ファンドマネージャーに当たるのが人ではなくAIが行っている運用方法です。基本的なメリットは投資信託とそれほど変わりありませんが、ロボアドバイザーならではのメリットもあります。

例えば、人ではなくAIが運用するため感情などで流される心配が一切ないということです。確かな事実・根拠から予測して運用していき、さらにAIはどんどん経験を学んでいくこともできるので、淡々と利益を出しやすい方法になります。

また、AIは人間とは違い24時間稼働しても問題ありません。そのため海外市場などを活用して24時間資産運用を続けることができるのです。

・外貨建て個人年金

外貨建て個人年金とは、米ドルや豪ドルなどを使って保険料の元本を保証する個人年金保険を指します。海外の国債を運用してその成果から利回り分を上乗せしていきます。

比較的少額から始められる資産運用方法なので初心者にもおすすめですが、保険契約になるので短期契約だと元本割れを引き起こしてしまう可能性があります。長期的な契約が運用の基本となるので、活用する際は覚えておきましょう。

・変額保険

変額保険とは、保険料を使って国内外の債権・投資信託で資産運用する方法を指します。保険の金額は運用の実績ごとに異なりますが、契約時に決めた死亡保険金額は保証されるので安心です。

こちらも外貨建て個人年金と同様に短期間だと元本割れを引き起こしてしまうため、長期的な運用がポイントとなります。万が一のことが起こったとしても安心できるような資産運用方法も取り入れたいという方におすすめです。

・自動売買FX

自動売買FXは、少額でローリスク・ローリターンな資産運用に比べると必要な資金やリスクが高まるものの、その分リターンも増える資産運用方法です。FXというと大金を稼げた、逆に失敗して多額の借金を抱えたなどの意見を耳にし、危険なのではないかとイメージする方も多いでしょう。

しかし、借金を抱えてしまった方の多くはレバレッジを大きく掛けすぎて資産運用ではなく、ギャンブル的な感覚でFXをやってしまったことが原因と言えます。そのため、FXでもコツコツと長期的に運用することも可能なのです。

自動売買の場合、ツールを使って損切り設定などを行っておけばあとは放置していても、その設定通りに運用してくれるので仕事が忙しい方にもおすすめの資産運用方法だと言えます。ただし、放置しすぎてしまうと利益につながらないため、1週間に1回程度は見直しを行うようにしましょう。

・株主優待

株式投資では売買による差額での利益や配当金によって資金を運用していきますが、株式を保有していることで会社から株主優待が送られる場合があります。企業の中には配当金と株主優待の両方をもらえるところもあるので、株式投資でどんな銘柄を選んでいいのかよく分からないという方は、まず株主優待から銘柄を選んでみると良いでしょう。

例えば、航空会社でお馴染みのANAでは国内線のFLEX-D運賃が半額になる優待割番号案内書を年2回、1枚からもらうことができます。100株保有していれば1枚、200株保有していれば2枚もらえるので、よくANAを活用しているという方にはおすすめの株主優待です。このように、自分のライフスタイルの中でよく利用しているお店・会社の株主優待を選ぶと良いでしょう。

初心者におすすめの資産運用方法をご紹介してきましたが、いかがでしたか?将来への不安から、最近では若い世代でも資産運用について考える方が増えてきました。

資産運用はあくまでも余剰金で行うものであり、生活費から捻出して行うものではありません。ただ、少額から始められる資産運用方法も増えてきているので、余剰金がそれほどないという方でも資産運用を始めることはできるでしょう。

それぞれの特徴やメリット・デメリットを把握した上で、自分はどの資産運用方法に向いているのか見極めてみてください。今回ご紹介したおすすめの資産運用方法の中に、きっと自分に向いている資産運用方法が見つかるでしょう。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事