転職活動がうまくいかないときに切り替えたい行動とは?
スポンサーリンク

転職活動をしている中で、なかなかうまくいかずに悩んでしまうこともあるでしょう。転職活動をし始めたことに後悔をしてしまうという人もいるかもしれません。しかし、転職活動がうまくいかないことを嘆くばかりでは、先に進むことはできないので、気持ちを切り替える必要があります。

では、転職活動がなかなかうまくいかないときはどうしたら良いのでしょうか?今回は、転職活動がうまくいかないときに切り替えたい行動をご紹介しましょう。気持ちがなかなか切り替えられないという人は、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

■転職活動がうまくいかないのはどうしてなのか

転職活動がうまくいかないときには、どうして採用されないのかと頭を抱えてしまうこともあるでしょう。転職活動がうまくいかない理由としては大きく3つのことが考えられます。まずは、転職活動がうまくいかない3つの理由とは何かをご紹介します。

・転職活動の目的自体が曖昧になっている

転職活動の目的が曖昧になっていると、転職活動はなかなかうまくいきません。どうして転職したいと思ったのか、転職先ではどのようなことを実現できるのかなど転職活動をするにあたって、考えていたことがあるはずです。それらが曖昧な人は、面接を受けている会社で働く意義を見出せないため、転職活動自体がうまくいく可能性を下げています。

・高望みをしすぎている

転職活動をしている人の中には、やたらと高望みをしている人もいます。より高い年収を求めたり、自分のキャリアに見合わないような役職を希望したりする人は高望みをしすぎていると言えるでしょう。より良い条件の会社に転職したいという気持ちで転職活動を行うという心理も分かりますが、そのような会社は人気が高く、スキルや実績がないと採用されにくいということを覚えておきましょう。

・会社が望んでいる条件を満たしていない

転職活動の中で、様々な会社を受けるかと思います。その中には、会社が望んでいる条件を満たしていないために、不採用になっているケースもあります。会社側も、採用したらすぐに活躍してくれそうな人材を求めているため、会社が望んでいる条件を満たしていない人を採用する可能性はかなり低いのです。

■転職活動で立ち止まる時期は誰にでも訪れる

転職活動がうまくいかないと、気分も落ち込み、モチベーションもどんどん下がってしまうでしょう。しかし、転職活動で立ち止まる時期は誰にでも訪れるということを頭の片隅に入れておけば、うまくいかなくても焦る必要はないという気持ちに切り替えられます。転職活動で立ち止まる時期に、多くの人が悩んでいることポジティブな方向へ昇華させるためにはどうしたら良いのでしょうか?

・採用されなくても「自分は不要な人間だ」と思わない

なかなか採用してもらえないと、思考はどんどんネガティブな方向に引っ張られてしまい、「自分は不要な人間だ」という気持ちに支配されそうになることもあるでしょう。しかし、転職活動がうまくいかないからといって、不要な人間であるということにはなりません。なかなか採用してもらえない場合は「自分は不要な人間だ」だと思い込むのではなく、自己アピールなどを考え直し、より自分自身を会社に知ってもらうためにはどうしたらいいかを考えるようにしてみてください。

・自分視点から会社視点に切り替えて転職活動に臨む

転職活動がうまくいかない人は、自分視点になりすぎている可能性があります。自分視点で色々な条件を並べているだけでは、採用を勝ち取れる可能性は低くなってしまいます。そのため、会社視点に切り替えて、「自分はこの会社にどのようなことを提供できるのか」をプレゼンするというつもりで面接に挑むと転職活動自体に対する考え方を変えられるでしょう。

転職活動で立ち止まる時期は誰にでも訪れるため、そのような時には考え方を変えてみることも必要になります。柔軟な対応も求められる転職活動においては、あまりこだわりを強く持ちすぎてしまうのもよくありません。

スポンサーリンク

■転職活動を成功させるために知っておきたいポイント

転職活動を成功させるためには、知っておきたいポイントがいくつかあります。このポイントを知っていることによって、気持ちの切り替えも簡単にできるようになり、転職活動にも良い影響をもたらしてくれるでしょう。では、転職活動を成功させるために知っておきたいポイントをご紹介していきます。

・自分自身の価値を卑下してはいけない

転職活動がうまくいかない人の多くは、自分自身には価値がないと思いこみ、自分自身の価値を卑下する傾向があります。もちろん、不採用が続いてしまうと「自分はダメ人間なんだ」とか「このままずっと転職できないのではないか」という考えになってしまいます。しかし、転職活動を続けていけば、評価してくれる会社も見つかるため、自分自身の価値を卑下したまま転職活動を続けるのはマイナスにしか作用しないのです。

・キャリアを棚卸して整理しておく

これまでに自分自身がどのようなキャリアを積んできたのか、どのようなスキルや実績を持っているのかということをきちんと整理しておくと、どのような会社が合うのか明確になります。転職の場合は、即戦力として期待されることがほとんどなので、スキルや実績を活かせる会社の面接を受けた方が採用される可能性が高まるでしょう。

・キャリアプランを考え直してみる

転職活動がうまくいかないときは、5年後や10年後にどのようになっていたいのかを考え直してみることが大切になります。自分自身のキャリアプランを逆算することによって、どのような方向性が良いのか、キャリアプランを達成させるためには今何をすべきなのかをはっきりさせられます。もしも、応募したい会社が求めるスキルに達していない場合は、スキルアップと転職活動を並行して行うことも必要になるでしょう。

・応募数のノルマを設定し活動の量を増やす

転職活動は、どれだけ応募したかという活動の量も大切になります。「どうせ自分なんか採用されない」と思ったとしても、応募をしなければ成功することは絶対にありません。そのため、仕事を辞めて転職活動に集中できる人の場合は、応募数のノルマを設定し活動の量を増やすことで、転職活動を成功へと近づける可能性が高まるので、転職活動がなかなかうまくいかないという人は実践してみると良いでしょう。

・面接で熱意をしっかりと伝える

面接では、熱意をしっかりと伝えることが大切です。即戦力になるか、マネジメント力はあるかということも会社側は見ますが、熱意がなければ採用される可能性は下がる可能性があります。そのため、スキルや実績などを伝え、即戦力になれることやマネジメント力があるということだけではなく、熱意もしっかりと伝えられるようにしておくことが大切だということになるのです。

今回は、転職活動がうまくいかないのはどうしてなのか、転職活動で立ち止まる時期は誰にでも訪れる、転職活動を成功させるために知っておきたいポイントにはどのようなものがあるのかについてご紹介してきました。転職活動がうまくいかないと、どんどん気持ちが落ち込み、ネガティブな思考に支配されていきます。しかし、今回紹介したことを頭に入れ、転職活動がうまくいかないときに切り替えたい行動を実践していくことによって、転職活動を成功させられるでしょう。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事