「大企業からベンチャー・スタートアップに転職する際の注意点」
スポンサーリンク

大企業からベンチャー・スタートアップに転職する際の注意点

転職の中でも大企業からベンチャー企業へのビジネス転換は、安定から、挑戦・やりがい・ストックオプションを優先する傾向にあるため、ある程度の覚悟が必要になってくるでしょう。今回は、大企業からベンチャー・スタートアップに転職する際に気を付けておきたいポイントをご紹介します。

スポンサーリンク

■目先の収入だけにとらわれてはいけない

ベンチャー企業やスタートアップに転職する際、最も大きな比較材料になるのが収入です。特にパートナーや子どものいる家庭は、収入が大事な要素になってくるので、転職する前に正しい判断なのか不安に思う方も多いのではないでしょうか。まだまだ規模の小さいスタートアップだと、収入が安定するまで、自身の知識や能力が発揮できるまで多くの時間を要するため、家族の負担は増えてしまうかもしれません。

しかし、ベンチャーやスタートアップの場合、少数精鋭のため年収が多少高くても優秀な人材を採用したいと考えています。最初は低収入からスタートしても、タイミングによって昇進・昇給の評価対象になることもあるでしょう。スタートアップはCEOの判断で、収入が一気に上がるケースも少なくないため、転職する前に応募企業がどのような評価制度なのか確認するようにしてください。

■ベンチャーではより能力が優先される

大企業で働いていると自然に企業ブランドに沿う形で自分の能力を発揮しがちです。勤続年数が多くなればさらにこの傾向が強くなり、知らず知らずのうちに自分のプライドとすり替えられていく場面があります。

もちろんベンチャー企業に勤める上でプライドを持つことは大切ですが、それを能力と混同しないよう注意しなければなりません。転職をする際に大企業に勤めていたことを自分の力量ととらえてアピールする人がいますが、ベンチャーやスタートアップは、何をしてきたかが優先されることを忘れないでください。具体的には、大企業で、大きなサービスの一部であるバナー制作やLP制作に取り組んできた人よりも、自社のECサイトをデザイン設計したという人材の方が高く評価されるでしょう。

スポンサーリンク

■大企業の感覚・仕様を払拭すること

大企業で働いていると福利厚生や労務管理、就業規則など細かく整備されているため、社員は様々な面で保護される立場になります。働く人の立場や権利を尊重し、責任や義務も明確になっていくことでしょう。

こういった企業に長い間働いていると、無意識のうちに権利や義務に固執してしまいがちです。労働時間がはっきり決められているので、生産性の有無に関係なく割り切って時間や業務を区切ることができるでしょう。

一方で、設立間もないスタートアップへの転職の場合、一人あたりの比重が大きいため、「自分の仕事はここまで」というマインドよりも、「売上につながることはなんでもやってやる!」というマインドが求められます。

■転職先のスタートアップが求める方向性と一緒かどうか

スタートアップの企業では、社長との距離が近く、業務上でも直接話せるというメリットがあります。ですから社長が目指しているものと自分の意向が噛み合っていないと、一緒に働くことに抵抗を感じやすい傾向にあります。転職を検討する際には、自分と企業の方向性が合うかどうかを見極めておきましょう。

大企業の場合は、多少考え方や意見が違う人がいても業務上で関わらなければ特に問題は起こりません。企業全体のビジョンや誰と働くかはどこの会社でも重要ではありますが、スタートアップの場合はそれが顕著に現れます。

■ベンチャー・スタートアップはストレスに弱い人は不向き

ベンチャー企業やスタートアップは、事業成長が早いので常に臨戦態勢であることが求められます。周囲には社員も含めて独自性の強い人が多く、自責的な考え方を持つ傾向にあります。仕事内容も、大企業のようにパターン化されていることが少なく、イレギュラーな場面に直面し、変則的な対応が必要になる状況が多くなるでしょう。

従って、変化を楽しむことができる好奇心旺盛なタイプの人がベンチャー・スタートアップに向いているかもしれません。

また、そういった環境の中ではストレス耐性が非常に重要なポイントになってきます。責任感が強すぎる人は全て受け止めてしまいがちなので、ある程度の鈍感力やストレス耐性を持っていることが求められます。

■人脈ネットワークを武器にする

ベンチャー企業に転職する場合は、大企業の肩書きを脱いだ時どの程度の人が自分をサポートしてくれるか把握しておきましょう。ベンチャー企業で働く上で、業績を上げるためのポイントとして、人脈が影響を与える場合もあります。大企業で働いている時は、複数の取引企業と関わりがあるかもしれません。

しかし、中には企業ブランドに群がってきているだけの人を自身のネットワークと思い込んでしまっていることもあるので、大企業の一員でなくなった時にどれだけの人が自分をサポートしてくれるのか考えてみてください。時にこの人脈ネットワークが情報交換や事業発展、採用につながることもあるので、今からでも同業種に限らず、様々な人とのつながりを広げておくようにしましょう。

■組織の本質を一から作り上げていく

ベンチャーやスタートアップにはブラック企業が多そうというイメージがあります。ブラック企業と呼ばれるのは一般的に、就業規則や労働条件、雇用管理が整備されていないことを言いますが、ベンチャーやスタートアップの場合は違います。

ベンチャーの創業者は、決して働いている人を苦しめようとしている訳ではなく、単純にルールや方針が決まっていないだけです。これを多くの人たちはブラック企業だと勘違いしているのですが、できれば創業者はこういった点を改善したいと考えています。人事制度がしっかり構築されていない企業に転職する場合は、一緒に組織課題を改善し、良い組織を作り上げていく気持ちで取り組んでいきましょう。

もしも、労働時間があまりにも長いのであれば生産性を向上させる策を考案するなど、自分も一緒に解決していくという気持ちで寄り添うことが必要です。実はベンチャーやスタートアップではこの経験こそが年収を上げ、数年後の大きなリターンへとつながっていきます。大企業では数年かかってしまう課題や取り組みが、ベンチャー企業やスタートアップではスピード感を持って改善することができます。

■自己責任を問われる場面が多い

大企業でチームや部門で成果を上げることができても、ベンチャー企業ではこれまで発揮できた力がうまく売上拡大にはつながらないという場合もあります。ベンチャー企業は大企業ほどの予算も、人的リソースもないため、自分が積極的に動いていく必要があるためです。

スタートアップでは、市場や業界、顧客に対してどのくらい影響を与えたかが求められます。全て1人で業務を遂行しなければならないことも多いので、自身でどこまで交渉できるか、どこまで売上・業績をアップできるかが重要になるでしょう。目標を達成できた場合、1人当たりの成果は大きくなりますが、反対に失敗した時の責任も強くのしかかります。

大企業で染み付いた仕事への価値観や姿勢は、転職と同時に切り替えられるものではありません。ベンチャー企業やスタートアップでこれまでの経験や実績が全く通用しなくなる訳ではありませんが、大なり小なりギャップがあることは確かです。

ベンチャーやスタートアップには大企業にはない速度感、一体感があります。自分たちで全て創造することによって充実感を味わうことにもあり、自分が関わった開発やサービスが社会に影響力を与えるといった面白さもあります。

だからこそ、ベンチャーやスタートアップに転職するためのポイントを事前に心得ておく必要があるのです。転職を具体的に進めていく中では、これまで大企業で働いていたプライドや肩書きを捨て去らなければならないということも認識しておきましょう。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事