サラリーマンが資産運用をしながらセミリタイアをする方法とは?
スポンサーリンク

サラリーマンは日々仕事に追われ、自分の趣味の時間をもっと確保したい、家族との時間がほしいという方も多く、はやく自分の時間が取れるような生活をしたい、仕事をはやくやめたい、とセミリタイアを検討することもあるでしょう。しかし、仕事が嫌で早く辞めたいけど生活していくにはある程度のお金が必要となるため、辞めるに辞められないと考えていませんか?

確かにある程度の貯金は必要になりますが、資産運用を活用すればそこまで多くの貯金がなくてもセミリタイアすることが可能です。今回は、最短でセミリタイアするための方法をご紹介していきましょう。

スポンサーリンク

■そもそもセミリタイアするための条件とは?

一般的にセミリタイアを検討する際に、真っ先に思い浮かぶのはお金の心配です。セミリタイアするために、多くの貯金をしておいてからでないと不安という方も多いでしょう。しかし、サラリーマンは何かしらの口実があれば飲みに行くことが多いやめ、貯金額を思うように増やせず、やきもきしてしまうことがあるのではないでしょうか?

他にも、各種税金や社会保険料など給料から引かれてしまう金額も多いため、なるべく多く貯金したいと考えても、それによって日々の生活が苦しくなってしまえば本末転倒に陥ってしまいます。現在いくら貯金できているかにもよりますが、貯金だけではセミリタイアまで非常に多くの時間が必要となってしまうので、貯金だけでは最短でセミリタイアする方法とはなりません。では、貯金以外で働かず定期的な収入を得るためには、どんな方法があるのでしょうか。

一番わかりやすいのは、不動産投資や株投資などの不労収入を増やすことです。投資と聞くとリスクを不安に感じる方はいるかもしれませんが、低リスクでの投資も可能となっています。不動産投資に関しては、株式投資に比べて初期投資が多く必要となってしまうため、自分のできる範囲での資産運用がおすすめです。

このような投資方法を上手く運用していくことで、最短でのセミリタイアの実現が可能となるでしょう。ただし、不動産投資以外の資産運用をする際にも、元手となる資金がある程度必要となるため、貯金が全くない状態でのセミリタイアはできないと考えておいてください。

■セミリタイア生活に必要なお金を把握しよう

セミリタイアをする前には、準備が大切です。準備段階を一つずつ追っていきましょう。まずは、自分の生活に必要な収入はいくらなのか確認してください。

自分が生きていくために必要なお金がいくらなのかを把握しなければ、セミリタイアはできません。必要な収入とは、自分がどの程度の生活を目指すのかによっても変わってきます。

例えば、年に一度は海外旅行へ行く、美味しいものに目がないため高級レストランに年に一度もしくは定期的に行きたい、趣味にお金をある程度かけたいなど、人によって様々です。生活費だけでなく、旅行や趣味に使うお金も把握する必要があります。

また、貯金額が○○円あるが、セミリタイアは可能だろうか?と迷われている方は多いですが、独身でこれから先も結婚しない人か、配偶者と子どもを持つ人かでも必要な収入は大きく異なります。そのため、生活に必要な収入がいくらあると自分が満たされた生活を送れるのかを考えることが準備段階で重要となるのです。贅沢はせず、日々の生活を送れるだけでも十分という方は、生活費の把握を行っておくだけでも効果的です。

生活費といっても、賃貸であれば家賃、持ち家であればローンの有無に加え、食費や水道光熱費、通信費、各種税金などたくさんあります。こういった場合、生活費を簡単に把握したい方は、家計簿アプリなどを活用してみましょう。

家計簿をつけることは面倒かもしれませんが、ざっくりでも良いのでおおよその金額は把握できるようにしてください。ただ、生活費以外にも突発的な出費もあるかと思いますので、最低限の収入よりある程度のバッファを持って考えておくと良いでしょう。

スポンサーリンク

■セミリタイア後の収入をどうするか考える

次に準備しなければならないのは、セミリタイア後の収入についてです。セミリタイアは、全く働かないということではありません。サラリーマンを続けていると、プライベートに費やせる時間の余裕がなくなりますが、セミリタイアしてしまえば必要な時に必要な時間だけ、自分の負担にならないように働けば良いのです。

サラリーマンを辞めてセミリタイアした人の中には、ブログ運営での労働収入を得ている方もいます。ブログ運営と資産運用の相性は良く当初計画していたよりも多くの収入を得ている方もいます。人生はセミリタイアしてからも長いため、不労収入以外で自分に合った働き方を見つけ、労働収入を得てみましょう。

社会的に人との関わりを持っていたいという方は、飲食店などの接客業を負担にならない程度で働いてみてはいかがでしょうか?セミリタイアは、あくまでもサラリーマンという生活スタイルや会社からの解放を意味しているので、自分の負担を増やさず上手に生きていきましょう。

■セミリタイアをするための不労収入を得るためには

準備段階で一番重要となるのが、ある程度の不労収入を構築することです。不労収入を毎月一定額得るためには、資産運用を軌道に乗せる必要があります。不労収入には様々な種類があるため、その中でも自分がやりやすいものを選んだり、複数の資産運用を取り入れたりする方も多くいます。

資産運用の中には、株や不動産の売買で利益を増やしていく「キャピタルゲイン」と、持ち株の配当金や不動産での家賃収入などの「インカムゲイン」というものがあり、これらを合わせて、毎月一定額の不労収入を得ることを目指します。もちろん、資産運用となるとある程度のリスクが生じる可能性もあるため、労働収入を得ているサラリーマン時代に資産運用を軌道に乗せることをおすすめします。

また、当然ながら資産運用についての知識をつけるとより安心・安全に資産運用をしていくことができます。サラリーマンとして働いている時に、専門的な知識をつけていくことは、時間が取れないので意外と難しいです。そのため、セミリタイアを成功させた人のセミナーや書籍などで効率的に知識を増やしていくことをおすすめします。

どのような資産運用をしていくかによって、どのような書籍を読むべきか、どのようなセミナーへ行くべきかも変わってくるでしょう。よくあるセミナーでは、資産運用についての知識を得るだけでなく、どのようにしてセミリタイアできたのか、資産運用に成功できたのかなど、具体的な体験談を聞けるというメリットもあります。こうした体験談は、自分のモチベーションアップにも繋がります。

最近ではYoutubeなどの動画でも学べるため、かなり知識をつけやすくなりました。動画の中には資産運用で実績を出している方が多いため、ぜひ参考にしてみましょう。

■セミリタイアまでの一歩は少額の資産運用から

資産運用がサラリーマンから最短でのセミリタイアに必要となることをご紹介しましたが、何から手をつけたらいいのか悩んでしまう方は多いでしょう。資産運用を始める際には、初期投資に必要な額が少ないものから手をつけていくことをおすすめします。

資産運用をはじめる過程で、過度に心配しすぎることはありません。むしろ、若い年齢のうちから投資をはじめることで、より幅広い金融知識を身につけることができ、将来的な資産形成にも大きく役立ちます。また、投資や資産運用をするような時間はない、と思われる方もいらっしゃると思いますが、現代では自動でポートフォリオ組んで積立投資をしてくれるロボアドバイザーなど、ほとんど時間がかからないような投資方法も豊富にあります。今からでも少しずつ資産運用に慣れて、セミリタイアに向け動き始めてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事