「30代で転職を成功させるために考えておきたいポイント」
スポンサーリンク

今の職場への不満やキャリアアップなどの目的で転職を選択する方は多く見られます。ただ、転職は歳が上がるごとに厳しくなると言われています。では、30代の転職はどうなのでしょうか?

30代となると20代に比べて不利と考える方は多いでしょう。近年は30代を積極的に採用する企業が増えています。しかし、誰でも成功するわけではないので、成功するために考えておきたいポイントを知ることが大切です。

スポンサーリンク

■30代の転職は不利?有利?

30代で転職するメリットは、今までの経験や培われたスキルがあることです。基本的に、即戦力と期待されての採用になるでしょう。一方、新卒や第二新卒と比べて、伸びしろの低さはデメリットといえます。このデメリットから転職が不利にならないか気になる方は多いでしょう。

リクナビNEXTが30代前半の転職者を対象に行った調査によると、転職が成功だったかという回答では次の結果になりました。

・成功した 43.2%

・どちらとも言えない 31.3%

・成功と言えない 25.5%

自信を持って成功したと答えられた人は全体の半数にも満たない結果となっています。この結果に至った理由は、転職先が求めているものが20代の頃とは違っていたということが挙げられます。

20代はビジネスマンとしてはまだまだ未熟なので、経験や能力以上に仕事に対する熱意やポテンシャルが重視されます。また、20代では長く働ける人材が求められるので、未経験や資格なしを歓迎した求人も多く見られます。一方、30代は即戦力になる人材を基本的には求められており、未経験や資格なしの求人は減少していきます。

この違いから30代の転職は20代よりも難易度が上がっているというわけです。しかし、転職の成功を実感している人は決して少なくないので、成功ポイントを押さえれば難しくはないと言えるでしょう。

■転職をした方が良いケース・慎重に活動した方が良いケース

30代の転職では、積極的に活動した方が良いケースと慎重な活動が求められるケースに分けられます。この違いで成功と失敗の明暗が分かれるでしょう。では、それぞれのケースの特徴をご紹介します。

【転職をした方が良いケース】

・実績やスキルなどに自信がある人

30代は「現時点で何ができるか」という部分が評価に反映されます。エン・ジャパンがミドル世層を採用している企業を対象に行ったアンケートでも、求める要素に専門性や経験に回答が集中していました。

このことから、業界に対する専門知識や能力を持つ人は転職に成功する可能性は大きいといえます。これまでのキャリアで築いてきた実績や能力に自信がある方は、積極的に転職活動をしてみましょう。

・マネジメント経験を持つ人

30代後半は管理職の求人も増えるので、そういった職種ではマネジメント経験が必要です。元々マネジメント業務の経験がある人は、希望条件が揃った企業が見つかりやすいです。年齢的に経験も一緒に評価されるので、転職が有利になると期待できます。

【慎重に活動した方が良いケース】

上記のケースに当てはまらない場合、転職は少し慎重になった方が良いでしょう。実績やスキル、マネジメント経験が不足している人の中には、家庭の事情や自分がやりたい仕事があるなどの理由で転職を希望される方が多いです。

しかし、スキルや経験に自信がない上で、要望が多いと高望みになってしまう可能性があります。そうなると転職先が見つからない、または条件を大幅に下げなければなりません。そのため、事前準備はきちんと行い、慎重に活動することが望ましいです。

スキルやマネジメント経験がない人は、本当に必要な条件は何か整理して、それを実現できる転職先を見つけましょう。そうすることで成功率は上がり、満足度の高い転職を実現できます。

スポンサーリンク

■30代の転職で求められるスキルとは

資格は取得に向けた努力と知性が評価されるので、持っていると転職に有利に働くとされています。しかし、30代の転職では資格を持っているからといって、必ず望む転職ができるわけではありません。資格の取得以上に、求められるスキルを把握して身に付けることが重要です。

・即戦力

即戦力とは入社後、すぐに実力を発揮して業務を遂行する力のことです。また、自分で事柄を判断して仕事を進める力も含まれます。

社会の変化は目まぐるしく変わっており、企業は常に新しいことにチャレンジし続けなければなりません。そうなると教育に当てる時間や人が不足するので、即戦力となる人材を求めているのです。

特にIT企業やベンチャー企業は業界知識やスキルが前提という見られ方をされています。即戦力の高い人材と認められるためには、業界や分野に関する知識や関心、それに紐付く行動ができる力を最低限身に付けておく必要があります。

・リーダーシップ

30代は管理職やリーダーのポストになれる可能性があります。それを実現するためには、リーダーシップが求められます。リーダーシップとは先行して部下やチームを牽引し、業務を遂行させる力です。

プロジェクトを完結させるためには、現状や将来のことを理解した上で、どのように人を動かすかがポイントになります。また、チーム全体のパフォーマンス向上も企業に求められる要素です。

この能力を培うためにはマネジメント経験が求められます。職務経歴書や面接では、今までどんな管理や指導を行ってきたのかアピールしましょう。具体例や人数、期間が詳細にあるとより適切な判断ができるので、成功率にも影響を与えます。

・適応力

環境や状況の変化の中でも対処できる能力を適応力、もしくは順応力と言います。ビジネスでは新しい仕事や顧客の新規獲得、トラブルやクレームの対処など、様々な場面で適応力が求められます。

転職も環境が大きく変わるので、適応力が備わっていないと十分な実力が発揮されない可能性があります。また、適応力は効率良く業務を進める上でも欠かせないので、企業が求める要素なのです。

■30代の転職成功率を上げるポイント

転職を決断したら転職活動となりますが、成功するためには様々なポイントが挙げられます。ここからは成功率を上げるためのポイントを見ていきましょう。

・転職理由を明確にする

まずは転職の理由を整理して明確にしていきましょう。理由を明らかにすることで、会社選びの失敗を回避できます。また、志望動機を考える際にも活かせます。

理由が分かると条件の妥協点も見えてきます。高望みの条件は転職先が見つかりにくいので、優先順位も明らかにしてください。

・自己分析をしっかり行う

できることや経験を自分の言葉で伝えられるように、自己分析はしっかり行いましょう。自分の目標や経験を整理することで、会社選びの失敗を回避するために重要です。過去・現在・未来のそれぞれを客観的に分析しましょう。

・社風を調べる

キャリアが長いと新しい社風に馴染めない可能性があります。社風が合わないと精神的に疲弊するので、自分に合っているか確認することが大事です。企業概念や事業領域、イベントの雰囲気、社員の口コミなどの情報をチェックしてみてください。

・現職を続けながら転職活動をする

転職活動は3ヶ月から半年ほどかかるとされています。辞めてから転職活動を行うと活動期間中は無収入の状態になります。不安を払うために短期バイトや派遣をすると、転職活動にかける時間の確保が難しくなるので、在職中に行いましょう。

プロセスやスケジュールを整理し、そのとおりに遂行することが重要です。いつまでに転職をするのか、各プロセスに期限を設けるなどのスケジューリングしてください。

30代は今までの経験やスキルを通じて利益をもたらしてくれる人材が好まれます。なので、自分のスキルや経験に価値があることをアピールできれば、転職の成功率は高くなります。30代で転職を考えている方は、ご紹介したポイントを参考に転職活動に取り組んでみましょう。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事